読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ウェディング・マン (講談社文庫)

ウェディング・マン (講談社文庫)

ウェディング・マン (講談社文庫)

作家
日野草
出版社
講談社
発売日
2020-06-11
ISBN
9784065200353
amazonで購入する Kindle版を購入する

ウェディング・マン (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まこみん

題名と表のイラストでは幸せな物語風だけども、読後感は、騙されてはいけない!でした。人付き合いの苦手な立夏は、新婚の妻の恵里香が嘘をついている事を知り尾行すると、何と妻は人を刺し殺した。彼女の家族は本当の家族ではなく…。読むにつれ、人物像が反転し物語も反転し。ラスト迄、作者に翻弄され続け、でも楽しかった。そして横浜の馬車道や赤レンガ倉庫に又行きたくなった。

2021/01/02

momi

心を癒してくれるような優しい始まりと…優しい彼の存在…そして幸せなタイトルと表紙絵…。えーーっ!?結婚間もない夫が目撃したのは…妻が人を刺す姿…。いや〜これは見事に騙されました!!偽りと真実に驚きます!!面白かった!

2020/06/30

huraki

結婚して間もない主人公。幸せな日々を送っていたが、ふとした疑惑から妻を尾行して目撃した、彼女の秘密に迫っていく。登場人物たちの策略と思惑が絡み合い、物語の構図は反転し続ける。婚約から始まったこの事件の真実は何なのか、駆け抜けるように進んでいった。それぞれの抱える秘密と正体が明かされて迎える結末に予想を裏切られ翻弄させられた。

2020/07/19

いくっち@読書リハビリ中

これはミステリー?それともサスペンス?どちらでもないバイオレンス小説だった。柔らかな表紙とあらすじの差が気になり読み始めたが、結婚4ヶ月の妻が不倫ではないかと後を着けたら殺人をしていたから始まる先の見えないストーリー。児童虐待、ネグレクトが根底にあるが、子供を買い取って暴力と褒美で殺人の道具として扱うという凄まじいものだった。解説で斜め上をいく作品とあり、この小説のラストも斜め上をいっていた。著者の小説は表紙に人が描かれているものが多く、他の作品も気になるところ。驚きに満ちた小説だったので★5をつけたい。

2021/04/30

MAMI.

★★★☆☆

2020/07/12

感想・レビューをもっと見る