読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

忘れる女、忘れられる女 (講談社文庫)

忘れる女、忘れられる女 (講談社文庫)

忘れる女、忘れられる女 (講談社文庫)

作家
酒井順子
出版社
講談社
発売日
2020-07-15
ISBN
9784065201244
amazonで購入する Kindle版を購入する

忘れる女、忘れられる女 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あいくん

☆☆☆酒井順子さんの「週刊現代」の連載は長く続いています。この本は2016年7月から2017年8月に連載されたもの49本を掲載しています。この連載は12年で600回だそうです。息が長いということは素晴らしいことです。 角川映画の記憶というのは懐かしいものです。薬師丸ひろ子や原田知世がテーマソングを歌っていました。「スローなブギにしてくれ」「人間の証明」「犬神家の一族」「セーラー服と機関銃」「Wの悲劇」などですが、酒井順子さんはこれらの映画を公開時に観たことはあまりなかったそうです。

2020/08/29

cithara

昔、職場の私の机の上に酒井さんの著書がのっていた。「社長の娘さんが書いたんだって。読んでみなよ」と同僚。酒井さんとは年が近いせいもあって、いちいち共感するところが多かった。以来、彼女の文庫本が出るたびに、買って読んでいる。社長が鬼籍に入ったことも彼女の本で知った。なんとも感慨深い。彼女は角川映画がお好きな様子。実は、私は薬師丸ひろ子の初出演作「野生の証明」のヒロイン役オーディションに応募したことがある。当然箸にも棒にも引っかからなくて、「野生の証明」の文庫本が残念賞として送られてきたことは良い思い出。

2020/07/17

JKD

数十年前はこんなこと考えなかったし、気付きもしなかったなと思うことが多くなったこの頃。ものすごいスピードで変わっているであろう今の世界をこういう視点で立ち止まって文字にして考えるのも悪くない。参考にしようと思います。

2020/07/26

るぅ

この人のエッセイ、ほんと痛快。しかもタイムリーなことに森喜朗失言直後。選挙や国政問題から昭和の接待ゴルフまでジェンダー問題を様々な視点から軽妙な切り口で語られる。常に仲間はずれを探す日本人の気質や欲求現象社会にもうんうんと頷きながら、今回も楽しませていただきました!

2021/02/06

だぶりん

以前読んだものも3年空くと忘れてるなあ。しかし皇室の問題がこの頃に始まっていまだに続いているのが一番びっくりかも。

2021/04/04

感想・レビューをもっと見る