読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

本格王2020 (講談社文庫)

本格王2020 (講談社文庫)

本格王2020 (講談社文庫)

作家
本格ミステリ作家クラブ
結城 真一郎
東川篤哉
伊吹 亜門
福田和代
中島京子
櫛木理宇
大山誠一郎
出版社
講談社
発売日
2020-08-12
ISBN
9784065201312
amazonで購入する Kindle版を購入する

本格王2020 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナルピーチ

本格ミステリ作家クラブが厳選したアンソロジー。ベテラン作家さんから新進気鋭の若手作家さんが描いた7編の物語が収録されている。本書もお初の作家さんばかり、結城先生の『惨者面談』家庭教師のバイトで訪れた家で巻き起こる不穏な面談とは?東川先生の『アリバイのある容疑者たち』トリックよりもア◯クサの方が気になってしまった。櫛木先生の『夜に落ちる』主人公の家族問題と保育園での虐待事件を巧く融合させたイヤミス。その他の作品もしっかり本格推理を堪能させられてとても楽しめました!

2020/11/23

ちーたん

★★★☆☆【序】本格ミステリ作家クラブ会長・東川篤哉氏は語る。「あなたが思う〈本格ミステリ〉のその常識、もう古いんですよっ」(え?そうなの?😲)そんな開幕から始まる2019年に発表された短編から3人の作家さんが選定した7編のアンソロジー。気鋭若手作家作品も多く、どの話もそれなりに楽しめた!ただタイトルと会長の紹介ページがどんな新たな本格を楽しめるの?とハードルを上げてしまってる気が💦どれも悪くないけど群を抜くお気に入りがなぜか思い付かない…私は古いと言われようが館や孤島で起こる殺人事件がやはり好きだ♡

2020/09/27

momi

結城さんの作品…綺麗にまとまっていて面白かった。 福田さんの哀れな完全犯罪も面白かった。じわじわと薄気味悪い話を書きたかったと言う櫛木さんの作品、短編とは思えない濃厚で息苦しさを漂わせていた…。ドラマ化された大山さんの作品も面白かった。七つの短編ミステリー♬ 個性溢れる短編ばかりで…作家さんたちからのメッセージも楽しめました!!

2020/08/28

ひさか れい

小説新潮19年2月号結城真一郎:惨者面談、ミステリーズ!vol.93&94(19年2,4月)東川篤哉:アリバイのある容疑者たち、vol.94(19年4月)伊吹亜門:囚われ師光、19年4月光文社刊嘘と約束福田和代:効き目の遅い薬、小説すばる19年7月号中島京子:ベンジャミン、10月号櫛木理宇:夜に落ちる、Webジェイノベル19年12月版大山誠一郎:時計屋探偵と多すぎる証人のアリバイ、の7つの短編を2020年8月講談社文庫から刊行。中島さん、大山さんが好みで面白かったです。良い出来のお話ばかりで楽しめました。

2020/11/10

engidaruma2006

前年度に発表された本格ミステリ短編の中から、厳選された7作品を収録したアンソロジー。かつてのノベルス版『ベスト本格ミステリ』から縮小され、文庫版でこのタイトルになって今回で2年目になる。 やはりノベルス版より物足りないのが正直な感想。常連である大山誠一郎さんの作品は相変わらず論理のキレが見事だし、東川篤哉さんが初めて「犯人当て小説」として書いたという作品もトボけていて楽しかった。伊吹亜門さんも良かった。だけど、他の4作品は好みじゃ無かったなあ。執筆者に若手が多く、世代交代がここでも始まっているのだろうか?

2020/11/02

感想・レビューをもっと見る