読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愚行の賦

愚行の賦

愚行の賦

作家
四方田犬彦
出版社
講談社
発売日
2020-08-27
ISBN
9784065202425
amazonで購入する Kindle版を購入する

愚行の賦 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

日向野

ドゥルーズは、愚行とは思考の誤謬にすぎないという考えこそ、プラトン以降、西洋哲学が陥ってきたドグマであると一刀両断する。愚行を外部から偶然に到来した単なる認識の過ちだと見做して済ます事、経験論的決定をもってよしとする回避的態度は改められるべき。 彼は既存の哲学を批判するあまり、文学の哲学に対する優位を口にする。 「最低の文学は愚行集を作るだけだが、しかし最高の文学は、愚行の問題に憑かれている。最高の文学はそのまま進むと、哲学の入口にまで到達する。宇宙的、百科全書的、グノーシス論理的な全次元が与えられる。」

2021/05/03

nico560

過去の著作やその人自身を分析し、愚行というものはどういうものかを教えてくれる。正直な話、途中で何を言っているか分からなくなってきた部分が、たくさんあった。自分は、過去の文学作品をあまり読んだことがなかったので、ドストエフスキーの「白痴」の内容を少し知ることができたので、それで良しとしよう。

2020/10/24

感想・レビューをもっと見る