読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-

令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-

令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-

作家
はやみねかおる
緒賀 岳志
出版社
講談社
発売日
2020-07-22
ISBN
9784065202562
amazonで購入する Kindle版を購入する

令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲- / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ずきん

【児童書】著者のメインキャラ大集合。風呂敷畳みシリーズ開始。

2020/12/03

寂しがり屋の狼さん

図書館本のお薦めコーナーでレトロな感じの表紙が気になって手に取った本📚️平行世界を行き来する女の子のお話し…SF小説なのにパラレルワールドのことは大したこと無いように物語の内容は学園ミステリー(’-’*)?普通に怪盗や探偵も出てくる(笑)都会トムを読んでたらもっと楽しめるのかな(*^.^*)

2020/10/30

はやみねかおるの各シリーズの名探偵たち(+α)が夢の共演!いろんなシリーズの世界観を繋げることのできる令夢のスリップ能力が羨ましすぎるし、内人の幼馴染みポジションで話が進むので、なんだか乙女ゲームでもしてるかのような気分になる。そして、この夏休みの終わり感がどこか懐かしくてたまらない。ファンに対するサービス的な位置づけかと思いきや、あとがきで判明する壮大な計画にびっくり。え、これ、もしかしてミステリというよりSFだったの!?はやみね作品にちょいちょい出てくる「赤い夢」が今後にどう絡むのかも気になるところ。

2020/10/02

水零

読書人生の父である、はやみねかおるのオールスター本をこの歳になって読めるとは!児童書コーナーで本書を探すには少々(?)大きくなりすぎたが、読書の楽しさを教えてくれた三つ子や教授、恭助、恭子ちゃんに再会できたことが嬉しくて仕方ない。本書は令夢という時空スリップ能力を持つ少女を中心とした日常系ミステリ。しかし、その根底にある真の謎はパラレルワールドを生きる令夢と"その世界"で生きるはやみねワールドの住人達が今後どのように繋がってゆくのかということ。あとがきに最大の謎を残すなんてずるい!赤い夢はまだまだ続く。

2020/09/08

toshi

この前に読んだ本はタイムスリップして過去に行った青年の話だったけど、今度はパラレルワールドをスリップする女子中学生の物語(全くの偶然です)。 1学期の終業式の日に目を覚ますとスリップしていた令夢が学校に行くと落書きされているところからストーリが始まる。 いわゆるライトミステリーで、それなりに面白いんだけど、途中でインタルードのように何度か登場するクイーンたちの話は何なんでしょう? それにそもそもパラレルワールドをスリップする意味が全くないんだけど・・・。

2020/08/23

感想・レビューをもっと見る