読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夢魔の牢獄

夢魔の牢獄

夢魔の牢獄

作家
西澤保彦
出版社
講談社
発売日
2020-08-19
ISBN
9784065203040
amazonで購入する Kindle版を購入する

夢魔の牢獄 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さっこ

読友さん方のレビューを見て、あまり気乗りせずに読みましたが…確かに残念だった。主人公は、眠っている時に過去へ遡る。1988年に起きた事件の関係者の体に入りながら事件の真相へ辿り着く…とても面白そうな構成なのだけど、それ必要なの?という描写が多くて疲れました。結末もサラッと流してしまいました。「七回死んだ男」のような作品が読みたいな。

2020/09/27

雪紫

世間の評価。優れたSFミステリの書き手。二桁読んだ人の感想。それに加え、後味のやばさ、同性愛(特に百合)や官能もわんさか。・・・わー、両方クリアしてるね。意識のみがタイムリープした結果、過去に起きた事件の日の友人達をその目を通して結果的に覗いてしまう主人公。官能まみれだから何を見せられてるんだ! 感半端ない。しかも、滅茶苦茶主人公の周囲の色恋人間関係がややこしい。設定は面白いし、衝撃はでか過ぎたし、オチも上手いが「あー、やっと読み終えた」感が強い。めちゃ強い。

2021/02/01

カノコ

寝ている最中に、過去へ遡って他人に憑依する能力を持つ男。22年前に発生した未解決の殺人事件の関係者に次々と憑依しながら真実に近づいていく。著者お得意の特殊設定ミステリ。設定自体は面白いのだが、なぜ憑依する場面がほとんどすべて情事のシーンなのか……。しかも結構えげつないやつ。ランダムな誰かの視点から、事件当夜の出来事が少しずつ発覚していくのはわくわくするが、同時に登場人物たちの関係性の複雑さに混乱もする。幕切れは筆を急いだかのように呆気ない。ミステリとしてではなく、絡み合う男女の愛憎劇を楽しむべき作品か。

2020/10/22

pen 

西澤さんの初読みが「七回死んだ男」。それを凌ぐとの宣伝文句で手にしたけど。うーん 他の方も言われているけど、必要と思えない性描写が多くて物語に入っていけない。その部分を流し読み以上に飛ばして読んでしまったので、まあ衝撃的なラストなのだろうけど、ふーんという大雑把な読後。今回は合わなかった。「依存」のあとがきで書かれていたタックシリーズのその後の構想はまだ世に出てないようで。待ち遠しいなあ。

2020/09/06

momi

夢の中で過去へとタイムスリープ!?それは…過去で実際に起きた出来事の中で…その時の友人たちに憑依すると言う…摩訶不思議と言うか狐につままれたような設定です。西澤ワールド全開〜ッ…かな??「あの日」におきた迷宮入り殺人事件を…主人公の男が過去に戻り他人に憑依し追体験をしながら事件の真相にたどりつくと言う話ですが…それぞれの思惑が絡んで絡んで…ねっとりと…。ぐっちゃぐっちゃで複雑な人間模様をみせます!私は気がつけば騙されていたけど…結構ハードな性描写ありだから誰にでも…ってわけにはいかない作品かも…。

2020/09/01

感想・レビューをもっと見る