読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

進撃の巨人(32) (講談社コミックス)

進撃の巨人(32) (講談社コミックス)

進撃の巨人(32) (講談社コミックス)

作家
諫山創
出版社
講談社
発売日
2020-09-09
ISBN
9784065203224
amazonで購入する Kindle版を購入する

進撃の巨人(32) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

まだ読み直しが出来ていないので、流れをちゃんと把握しきれてないけれど、それでもある程度面白く読める。ここまで正義と悪の価値観がひっくり返りまくる少年漫画も、滅多にないと思う。この巻終盤の禍々しくも圧倒的なイメージに戦慄する。

2020/09/09

NADIA

31巻を飛ばしてしまったようだ。いつの間にか地ならしが始まっているし、アニも戻っている・・・。そして、ここまで来てもまだエレンの真意が分からない。で、そのエレンだが・・・巨人というより、もはや使徒???(笑) エヴァ呼ばなきゃ(^^;

2020/10/15

みやこ

車力の巨人のフォルムが愛らしくて和みそうになるけれども。そんな穏やかな話じゃない。大切なのは過去ではなく現在。今を未来に繋ぐために、この瞬間に何ができるのか。共闘を誓っても、最善がわかっていても、残る過去の蟠り。失くした命は戻らない。ここで互いに抱えた想いを吐き出せたのは大きいと思う。願うのは幸い。だけど、その幸いのために犠牲にしていい命はないはずなのにね。彼らの選択とエレンの選択。交わる時はくるのかな?交わってほしいという願望を抱えつつ、予想できない展開を期待しつつ。次巻を待つ。この表紙、とても好き。→

2020/09/14

眠る山猫屋

俯瞰して見れば、主人公としては少し頼りなかったエレンが、愚直なまでに真っ直ぐに、仲間たちの未来の為と信じて世界の大半を滅ぼそうとしている。そして仲間たちは生き残った敵とも手を携えて、エレンへと想いを届けようと足掻き続ける。群像劇としての結末は近い。でもエレンは救われない、きっと。それでも希望を失わない、救えるものはひとつでも救う、仲間だから。兵士だから。

2020/09/24

Tenouji

さて、ようやく最新巻に追いついた。確実に世界が破壊されていく最中、人々の暴力も先鋭化されていく。一方で、心の対話が進む場面もある。なんていうのかな、現実のコロナ禍も、よく似たものかもね。

2020/09/12

感想・レビューをもっと見る