読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

進撃の巨人(32) (講談社コミックス)

進撃の巨人(32) (講談社コミックス)

進撃の巨人(32) (講談社コミックス)

作家
諫山創
出版社
講談社
発売日
2020-09-09
ISBN
9784065203224
amazonで購入する Kindle版を購入する

進撃の巨人(32) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

まだ読み直しが出来ていないので、流れをちゃんと把握しきれてないけれど、それでもある程度面白く読める。ここまで正義と悪の価値観がひっくり返りまくる少年漫画も、滅多にないと思う。この巻終盤の禍々しくも圧倒的なイメージに戦慄する。

2020/09/09

NADIA

31巻を飛ばしてしまったようだ。いつの間にか地ならしが始まっているし、アニも戻っている・・・。そして、ここまで来てもまだエレンの真意が分からない。で、そのエレンだが・・・巨人というより、もはや使徒???(笑) エヴァ呼ばなきゃ(^^;

2020/10/15

ゼロ

エレンがやろうとしていることは正しいかどうかなんて知らない。彼は世界を滅ぼすために動き、仲間のために守るために動く。その結果、アルミンは兵団と戦い、ミカサはエレンを殺す選択を強いられる。イェーガー派と兵団は仲間ではないが、現在はそんなことを言ってる場合ではない。エレンを倒すために、仲間を殺す必要がある。もう誰もどうすれば良いのか分からないまま進み続けている。絶望、絶望、絶望。誰しも守るべき人がいて、この作品はそれをしっかりと描いている。

2021/06/12

Tenouji

さて、ようやく最新巻に追いついた。確実に世界が破壊されていく最中、人々の暴力も先鋭化されていく。一方で、心の対話が進む場面もある。なんていうのかな、現実のコロナ禍も、よく似たものかもね。

2020/09/12

グレ

変態大魔王こと超大型巨人だったり地獄投手・毛むくじゃら巨人だったり王政やウォール教だったり●●●●マン率いる対人3DMG(立体機動装置)軍団だったりマーレ軍だったりイ✕✕✕✕派だったり様々な敵と戦ってきたが、まさかのアイツが世界の敵と化し、予想外の呉越同舟。人類滅亡の重い危機だが、アツい展開である。テオ・マガト元帥とあのオジサンの敵味方を超越した艦内での友情もアツすぎる・・・。主役はさて置き、フロックをここまでの独裁者に成り果てさす予定は当初からあったのだろうか?? (ウオォついに最新巻に追いつけり!!)

2021/01/21

感想・レビューをもっと見る