読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

帰ってきたK2 池袋署刑事課 神崎・黒木

帰ってきたK2 池袋署刑事課 神崎・黒木

帰ってきたK2 池袋署刑事課 神崎・黒木

作家
横関大
出版社
講談社
発売日
2020-09-03
ISBN
9784065203736
amazonで購入する Kindle版を購入する

帰ってきたK2 池袋署刑事課 神崎・黒木 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

昨日に続いて、最新作第二弾です。今回は、長編のような連作短編集、前作よりは出来は良いと思いますが、横関 大としては、少し物足りない感じです。ドラマの番宣のために書いたのでしょうか? https://www.tbs.co.jp/kiwadoifutari_TBS/

2020/09/26

おしゃべりメガネ

池袋の刑事「神崎」&「黒木」のK2コンビが痛快に様々な事件を解決してくれるシリーズ第2弾です。とあるマンションにてシングルマザーの遺体が発見され、事件はそこからスタートし、あれよあれよという間に次から次へと様々な事件が発生し、繋がっていきます。真面目が取り柄の「神崎」もいい感じではありますが、ちょっとおちゃらけキャラな「黒木」が今作も相変わらずいい感じで事件の真相に近づいていきます。こんな風に同僚や上司を慕いながら仕事できるってステキな関係ですね。横関さん作品なので読みやすく、イッキ読みしてしまいました。

2020/11/03

みかん🍊

待ってましたのK2コンビ相変わらずカッコいい、池袋のアパートでシングルマザーの女性が殺害される、第一発見者でありながら捜査から外された二人は、別の事件を次々解決して行くが、最初の事件の事も黒木には頭に入っていて、見事に繋がっていくのが横関作品の醍醐味、二人には今後も活躍して欲しい、いいコンビです。

2020/11/11

タイ子

ドラマ化された後で読むので脳内はすっかり2人の俳優に変換。真面目な神崎に対して、破天荒の黒木のコンビはやっぱ面白い。池袋署管内を全て網羅しているといっても過言ではない黒木の情報網と人脈が事件解決に役立っていくところなど正義の味方参上!なわけで彼らの刑事魂が熱く展開。ユーモア的な展開の割には事件の内容はなかなかシビアで、シングルマザーが何者かに殺され、その現場に幼い女児が残されるという切ない話。他の事象を挟みながらいつの間にか繋がっていく人間関係が殺人事件の犯人へ。横関さんの上手さを堪能しながら読了。

2021/03/27

ゆみきーにゃ

シリーズ二作目。先が気になり一気読み。いっくんの謎は途中でわかりましたがまさかの展開で最後まで楽しめました。神崎&黒木のお話もっと読みたいです!

2021/02/04

感想・レビューをもっと見る