読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

襲来 下 (講談社文庫)

襲来 下 (講談社文庫)

襲来 下 (講談社文庫)

作家
帚木蓬生
出版社
講談社
発売日
2020-07-15
ISBN
9784065203750
amazonで購入する Kindle版を購入する

襲来 下 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レアル

日蓮との関わりを綴った上巻と打って変わり、下巻はタイトル通り蒙古襲来様子が描かれている。日蓮にいつか対馬は外敵に襲われる可能性があると言われ、日蓮の手足耳目となるために対馬にやってきた見助。そこで見た襲来は地獄絵図そのもの。読んでいるだけで心が引き裂かれそうになる。その一方で日蓮と見助との相思の情は本当に心に灯が灯る。そんな2つの感情が交差しながら紡がれる物語。良い本だった。

2020/08/26

yamatoshiuruhashi

なるほど、下巻では蒙古襲来が描かれる。とはいえ、これだけのボリュームの物語に下巻の半分ほどにしか襲来の話はない。華々しい戦の描写も殆どなく見助の見た蒙古勢による対馬の蹂躙、そして二度目の襲来では狼煙守としての動きが中心となる。それなのに、戦の実態が生々しく描写される。まさに見助が日蓮の耳目となって働いていることがそのまま活写されていく。不思議な小説だ。東公園にある日蓮像の台座には手に穴を穿たれ繋がれた人々が描かれていて、子供の頃これを見て恐ろしさを感じた。それを含め元寇防塁などを改めて見に行きたい。

2020/10/20

白いワンコ

下巻となり、ついに「襲来」。その過程は史実に明らかだが、見助の眼を通して知る対馬に驚き、考えさせられる。日蓮の耳目手足たる見助の年月は長く、重い。それ故、最終章で感じる感動は、実に得難い読書体験となる

2020/08/31

ikedajack

蒙古襲来が遂に。対馬、壱岐島が蹂躙される様子は胸が痛い。二度の元寇は確かに神風も吹いたが沢山の犠牲もあったのだとはじめて知る。主人公、見助の生き方が素直過ぎて少し辛い。

2021/03/30

かずぺん

大河ドラマになるような映像が絶え間なく変化する場面を想像できました。人間ドラマとこの時代の歴史観を考えさせられました。満足です。

2020/10/26

感想・レビューをもっと見る