読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

記憶書店うたかた堂の淡々 (講談社タイガ)

記憶書店うたかた堂の淡々 (講談社タイガ)

記憶書店うたかた堂の淡々 (講談社タイガ)

作家
野村美月
出版社
講談社
発売日
2020-07-22
ISBN
9784065204047
amazonで購入する Kindle版を購入する

記憶書店うたかた堂の淡々 (講談社タイガ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

突如失踪した静乃の優しすぎる恋人・誠。職場に連絡すると意外な事実が判明し、冷めた目をした美貌の青年・うたかた堂との出会いによって、心に秘めた過去や秘密、願いが解き明かされてゆく物語。姿を消した恋人の正体、うたかた堂が婚活で出会った一組のカップル、女優・乃木坂カレナとの関係、友人あけるの初恋の結末、おじいちゃんと孫の約束。記憶を代償に人々の大切な願いを叶える謎の青年・現野一夜は、最初は掴みどころのない人物に思えましたけど、不器用な彼が導いてゆくほろ苦くも優しい結末、そして現野自身の変化が印象的な物語でした。

2020/07/20

稲荷

記憶をいいように操作して手に入れるのは本当の幸せなのか、何事であろうと覚えているのが正しいのか、難しいところ。どうなのかはその人次第。登場人物それぞれの事情があって、最後まで楽しめた。

2020/12/09

た〜

ミステリー作家が締め切りに追われるというか、締め切りをぶっちぎって担当から催促されまくる話。野村美月にしては珍しい連作短編集。良くも悪くもとても野村美月らしく、全然野村美月らしくない。これはシリーズ化されるのか?  ところで、ひまりさんの続きはどうなった?

2020/07/23

No386

記憶がその人にどれ程の影響を与えるのかが伝わった。記憶売買後の人生がどれも温かく現野の変化も良かった。

2020/09/13

ツバサ

記憶は人生において重要な情報。そんな情報を売買することが出来る青年が様々な悩みや葛藤を抱えている人と出会い、その人達の人生を変えていく。どの話も訴えかけてくるものがあって、読後感が良かったです。また、青年が不器用ながら変化していき、とっつきやすくなってるのもポイント高いです。

2020/07/22

感想・レビューをもっと見る