読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1日外出録ハンチョウ(9) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(9) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(9) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
上原求
新井和也
福本伸行
萩原天晴
出版社
講談社
発売日
2020-09-04
ISBN
9784065204535
amazonで購入する Kindle版を購入する

1日外出録ハンチョウ(9) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かすみん

釣り、狭い部屋のインテリア、花見、一期一会の出会い。 色々楽しめるイベントが多め。ご飯は少なめ。

2021/01/30

オザマチ

どじょう鍋いいですね。食レポみたいな話が減ってきたから、この感覚は久しぶりだ。

2020/09/05

星野流人

今回もおっさんたちの日常(地下強制収容者だけど)が垣間見れて楽しかったです。「戦隊」のエピソードは地下の面々がみな少年になったような感じで、読んでいて微笑ましく感じました。大槻や小田切が続々と沼にハマっていくのおもしろかったですね。倉本さんも地下落ちしたとはいえ、地上では得られなかっただろうものを得ることができたのではないかと思いますね。「未食」のエピソードも興味深いというか……ふつうにどじょう鍋が食べたくなりました。

2020/09/04

しぇん

話の種類が豊富で変わらず楽しませてくれますね。どの話も面白かったですけど、釣りと俳優落ち。鉄人が去る話の三本が特に気に入りました。

2020/09/05

緋莢@感想お休み中

「なんということでしょう…!」班長用の個室が与えられ、そのカスタマイズのため宮本と共にインテリアショップに行ったり、給食長から監視へと異動になった柳内と語り合ったり(感動的なラストからの、単行本ならではおまけに笑いました)、特撮主演俳優が地下に落ちてきたり(主演作品のダチレンジャー、断ちっていう裏テーマがあるとか、絶対に面白いだろ!)皆でお花見したりと、面白かったです。 ただ、ご飯関係が少なかったと思うので、その辺は次以降に期待したいと思います。

2020/12/09

感想・レビューをもっと見る