読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪奇漢方桃印 いかがかな? 相思相愛香

怪奇漢方桃印 いかがかな? 相思相愛香

怪奇漢方桃印 いかがかな? 相思相愛香

作家
廣嶋玲子
田中相
出版社
講談社
発売日
2020-08-05
ISBN
9784065205280
amazonで購入する Kindle版を購入する

怪奇漢方桃印 いかがかな? 相思相愛香 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみねこ

ピンクのお髭を三つ編みにした桃さんシリーズ第2弾。好きな人と両想いになれる『相思相愛香』、妖しの国に迷いこんだ少年の『角薬』、今作も面白かったです。

2020/11/28

みつばちい

廣嶋令子さん新シリーズ間違えて2巻から読んでしまった💦 不思議な効き目を持つ漢方薬を作るピンクの髭のお爺さん、桃さん。一話目は友達の初恋を叶えようと願ったのに、相手の男の子を好きになってしまい恋獄に落ちる女の子の話。二話目はおにいちゃんをぎゃふんと言わせたいと願う男の子の話。 不思議な人物が出すもので願いを叶えるのは、銭天堂やもののけ屋と似てるが、この作品は明るくユーモラス。でも私はあまり好みではない、、わかりやすくて子どもは楽しむと思う。

2020/10/28

anne@灯れ松明の火

シリーズ2。3が出ると知り、こちらも♪ ピンクのおひげを三つ編みにしたおじいさん、桃さん。今回は恋にまつわるお話で、ちょっとドキドキ? いえいえ、そんな生易しいものではない。人の恋路を邪魔したら、恋獄行きだよ~! もうひとつのお話には、とんでもないおばあさんが現れ、桃さんピンチ!? 今回もハラハラドキドキ、一気読み。

2020/11/24

遠い日

桃さんが漢方屋として日本の各地を回っているということがわかる設定。どこの土地とは書かれていないが、ご当地の名物や名所が登場することでわかる。さて、やっぱり、自分勝手な妬み嫉みは人を邪にするもの。恋獄に妖の国。桃さんのピンチも絡んで、はらはらどきどきが止まらない。そして、アオジ、やっぱり気になる存在だ。

2020/12/08

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《私-図書館》相思相愛香を依頼した彼女の気持ちよくわかる。昔の私みたいだ。つらかったもん。

2020/12/28

感想・レビューをもっと見る