読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空白の家族 警視庁犯罪被害者支援課7 (講談社文庫)

空白の家族 警視庁犯罪被害者支援課7 (講談社文庫)

空白の家族 警視庁犯罪被害者支援課7 (講談社文庫)

作家
堂場瞬一
出版社
講談社
発売日
2020-08-12
ISBN
9784065205464
amazonで購入する Kindle版を購入する

空白の家族 警視庁犯罪被害者支援課7 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

旅するランナー

警視庁犯罪被害者支援課⑦。人気子役の女の子の誘拐事件。父親は以前村野も逮捕に関わった詐欺事件で有罪になった男だった。相変わらず村野は単独で突っ走り気味です。現金引渡しがスリリングに描かれ、事件の真相も予想外の方向に進んでいく、堂場刑事小説の面白さを堪能できます。教訓としては、部屋は整理整頓しておきましょう。

2020/11/01

ゆみねこ

人気子役が学校帰りに誘拐されて、被害者家族の支援をする村野たち。少女の父親は10年前の詐欺事件で有罪になった男。誘拐犯の正体がつかめず苦慮する警察。村野の独自捜査で意外な犯人が浮かび上がる。村野さん、捜査一課にスカウトされるが…。まだ被害者支援課で頑張ってくれそうですね。

2020/10/01

あすなろ

支援課シリーズも早や7巻目。課長も課員も入れ替わった。でも我等が村野は言う。支援課の仕事はぶるぶる震えるゼリーの様なもの。だからと言って骨組みを入れ固くすべきとは思わない。そうなると脇を通り過ぎるもの、かすって行くものに手が出せなくなる。ややネタバレ気味に更に書くのであれば、捜査一課課長からスカウト受ける元捜査一課現支援課の村野が出す結論とは…。事件展開もあるが、もうここまでくると支援課村野のストーリーを読者は愉しむものである。しかしどうやら、無事⁈ 8巻もありそうで読者は安堵するのである。

2020/09/06

タイ子

シリーズ第7弾。人気子役の女児が誘拐された。両親は離婚、父親は10年前に詐欺罪で逮捕された支援課の村野にとってはくそ野郎と言うくらいの嫌悪する男だった。捜査不可の村野は状況が気になり始終ウロウロ。村野の心象で展開するストーリーだけに周りの雰囲気やら、同僚、後輩、上司の行動が掴め易い。同時期に起こる火災死亡事故、家族の理解できない繫がりに不信感を抱きながら支援する課員たち。誘拐事件の真相が見えてきた時、過去と現在が繋がっていく。捜査一課へ誘われる村野の決断とは。今回もあの人、この人の登場で楽しめる。

2020/09/12

kei302

Kindleセール50%offに登場。期間限定セール。 どうやら、村野は“まだ 若い”らしい。 自分の足跡を残す愛花ちゃんの聡さに感心しました。 新課長の桑田も好印象で新刊が楽しみ。

2021/04/06

感想・レビューをもっと見る