読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか (講談社現代新書)

同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか (講談社現代新書)

同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか (講談社現代新書)

作家
鴻上尚史
佐藤直樹
出版社
講談社
発売日
2020-08-19
ISBN
9784065206621
amazonで購入する Kindle版を購入する

「同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか (講談社現代新書)」のおすすめレビュー

感染者バッシングや自粛警察を生んだ「世間」の4ルール。日本社会はなぜ息苦しいのか?

『同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか』(鴻上尚史、佐藤直樹/講談社)

“新型コロナの感染拡大は、日本および日本人のさまざまな面をあらわにしたと、僕は感じています”

 演出家で『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』(講談社)などの著者でもある鴻上尚史さんは、評論家で九州工業大学名誉教授の佐藤直樹さんとの対談をまとめた、『同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか』(講談社)の前書きでこう語る。

 確かに新型コロナウィルスの感染拡大を機に、これまでになかったものがいくつも生まれた。いい例(良い例ではない)が、「感染者バッシング」や「自粛警察」だろう。

 病気は決して自己責任ではないし、誰にでもかかるリスクはある。しかし、コロナ感染者を迷惑な者と決めつけ、氏名や職場を暴いて徹底的に叩く。また「コロナ禍なのに店を開けるなんて」と、営業を続ける飲食店やバーに嫌がらせの電話や張り紙をする。パチンコ店は2020年8月時点でまだクラスターは発生していないにもかかわらず、その存在自体が悪であるかのような扱いだ。

 2020年に入ってからずっと、こんなギスギスした空気…

2020/9/11

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか (講談社現代新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

rico

コロナ禍でさらに露わになったこの国の息苦しさ。源流は世間・・・。当り前の結論、ではある。神に一人向かい合うキリスト教文化圏、八百万の神様に見守られ、集団として生きる日本。どちらがいい悪いではなく、様々な局面で有効だったり害になったりする、そういうものなのだろう。ただ、私は今この世界で生きてて、そう長くもない残り時間を息を殺して過ごすなんて真っ平だけど、勤務先からプレッシャーかけられれば、外食も旅行も控えたりするヘタレだ。せめて「小さな世間」を複数持つことで、軟弱ではあっても「個」として立ちたいと思う。

2020/10/24

ちくわ

国民総自粛。コロナ下の息苦しさは、まさに戦時下の日本と同じでした。自粛警察や夜の街叩きなど特異な行動のほとんどすべてが「同調圧力」がベースになっていて、どうしてそういう行動につながっていくのかが、「世間」というキーワードを通してきれいに腑に落ちました。そしてその世間が支配する日本で、自分の行動を見直すきっかけになります。素晴らしい本に出会えたことに感謝。(☆5)

2020/09/05

Tenouji

茂木健一郎氏の紹介YouTubeを観て、読んでみた。とても興味深く、対談で読みやすいので、一気読み。読んで思ったんだけど、「世間」システムを続ける限り、小さい世界が沢山寄り合うだけで、スケールしないよね。だから、ブロードキャスト型のTVの印象操作の方が相性が良く、ITも本質的に広がらないんじゃないかな。

2020/08/21

なっぱaaua

お二人の対談を読んでコロナ禍の中、日本って何でこんなに息苦しいのかがよく分かった。同調圧力が強い日本人。自粛警察、荒んだSNS、忖度する世間。残念ながらコロナによる多くのプレッシャーから自分はパニック症を発症してしまった。今は治療で大分良くなりつつあるのですが。全ての原因は、そう世間様なのね。日本には社会が無く個も無い。人の眼を気にしなければならない。先日、一緒になったが方が「自分の田舎にはまだ五人組があって、コロナの関係があるので帰省出来ない」と言う。江戸時代か。村八分なのか。~続く~

2020/08/29

遊々亭おさる

日本には社会はなく世間がある。自分とは違う価値観を持つ者を厳しく断罪する自粛警察や自己責任論などストレスフルな生活を強いられる同調圧力が生まれる要因を世間体が悪いの世間に求めて論じた対談集。人に迷惑をかけるな。権利より義務が大事。横並びが美徳。親の顔が見たい。これらの意識を日本人に植え付けた四つのルールにより浮き彫りになる特殊な国日本。物事には良い面と悪い面があり、世間に属することにより世界に誇れる犯罪発生率の低さは手に入れた。それと引き換えに背負ったのは自殺大国の汚名。何事もバランスが大切という好例か。

2020/11/04

感想・レビューをもっと見る