読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドラゴン桜2(13) (モーニング KC)

ドラゴン桜2(13) (モーニング KC)

ドラゴン桜2(13) (モーニング KC)

作家
三田紀房
出版社
講談社
発売日
2020-11-20
ISBN
9784065207130
amazonで購入する Kindle版を購入する

ドラゴン桜2(13) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

TakaUP48

龍山学園を1000億で売却を目論む理事長側は、今の文科省の言う「問題解決型参加学習」を用いてエリート教育を目指す学園経営を考えている。桜木は、人生逆転の実現する中学新設を提案。しかも、入試はくじ引きにするという。桜木の教育理念は、詰め込み教育を実施し、「できない子供をなくすこと」という本当の教育を目指し、基礎学力を確実に身につけさせ国民の水準をしっかり保つことが重要だとする。「生きる力」とは、金を稼ぐこと!そのためには、経済的自立を促す経済に関する教育を施すべきだと。桜木の案には、賛成することばかりだ!

2020/11/30

コリエル

稼ぐことと食べることの2点を養うというのはまあわかる。金利も覚束無い時代に生きて行くにはこうしたことを学ぶ場があればよかったなと。教育は底辺の底上げ云々はまあ当たり前のことだけど女帝はそもそも教育に関心がないって設定だからな。

2020/12/15

purupuru555

稼ぐことと食べることが大事。こんな教育を受けたかった。エリート教育ではなく中間層の底上げは、やはり今後の日本に必要なんだろう。あと、投資の話も。

2021/01/01

最近流行りの「本人の適性を多角的に判定するのが正しい入学制度」だという考え方が教育格差の拡大・固定化に繋がるという話は大いに納得。 巻末の千葉雅也のインタビューも良かった。

2020/12/26

よし

今回は夏休み前から夏休みに入った頃が舞台。前半の中学校新設を巡る桜木の主張や巻末の千葉雅也さんのインタビューは学校教育のあり方を考える上で参考になりました。天野君と早瀬さんは自ら勉強を続けていて、受験勉強の価値を感じました。

2020/11/22

感想・レビューをもっと見る