読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

賊軍 土方歳三(2) (イブニングKC)

賊軍 土方歳三(2) (イブニングKC)

賊軍 土方歳三(2) (イブニングKC)

作家
赤名修
出版社
講談社
発売日
2020-10-23
ISBN
9784065207147
amazonで購入する Kindle版を購入する

賊軍 土方歳三(2) (イブニングKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Die-Go

東下以降の新選組副長土方歳三の活躍を描く漫画。テンポよく話は進み、飽きが来ない。新政府軍との絡みがうまく描かれている。アクションシーンは相変わらず秀逸。★★★★☆

2020/10/24

かなっち

幕末は好きだったのですが、漠然としか知らなかったんだなぁと、このシリーズを読んで思いました。どこまでが本当のお話なのか分かりませんが、細かいトコロまで分かるのが興味深く、テンポ良く進むのでサクサク読めて面白いです。ただ、史実通りなら悲しい未来しかなく、無駄にドキドキしてしまうのですが…。それはさておき、近藤さんだとバレなかったら、首を切られずに歴史は変わっていたのでしょうか…。

2021/08/27

さらに夢展開が続く。会津で片が付くんじゃないかというくらい。原田の名前が出てきたからなあ、とか八重の桜も合流するのかなあとか。箱館に着くのかなあ。でも、わくわくする。こんな風になれば、というものが乗っけてある。

2020/10/30

4 新刊読了。新選組から独立した伊東甲子太郎の御陵衛士、さらには油小路事件など、あまり深く知らなかったので面白かった。自分の体の切り傷を見て追憶する土方が、山南を思い出すときの表情が印象深い。だいたい、新選組ものって試衛館メンバー超仲いいじゃん。自分の中でも山南って大河ドラマの堺雅人のイメージが強くて、ほかの作品でも大抵文武両道で人格者って感じのキャラクターで登場することが多いので、本作の山南はどうなのか、土方の表情はどういう感情なのか非常に気になった。今後回想で出てこないかな。

2020/11/03

たー

わたし自身がそんなに歴史に詳しくないので、どこまでが本当か分かってないまま読んでますが、知ってる名前がポンポン出てくるので面白いです。 しかし、物語がどこへ向かうのか。既に大きく史実とは異なっている展開があるので、であれば本筋も史実と大きく変わってくる事があるかも?と思いながら読んでます。まだ2巻。ここからの展開がどうなるかで面白くもつまらなくもなりそうな…。とりあえずこの先に期待です。

2020/10/26

感想・レビューをもっと見る