読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コウノドリ(32) (モーニング KC)

コウノドリ(32) (モーニング KC)

コウノドリ(32) (モーニング KC)

作家
鈴ノ木ユウ
出版社
講談社
発売日
2020-10-23
ISBN
9784065207291
amazonで購入する Kindle版を購入する

コウノドリ(32) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Die-Go

最終巻。あー、ホントにこのマンガ読んで良かった!と思える作品でした。周産期医療には奇跡的なことがいっぱいで、その中で働き続けることは、その奇跡と合間見えることなんだな。★★★★★

2020/10/24

りんご

こちらも完結してしまいましたー。有名作品だから言うまでもないんだけど、ホントいい作品です。漫画なので、一度書いたエピソードは繰り返し描かれないんだけど、医療の現場では繰り返し色んな判断を迫られてるんです。生きてる間はずっと死ぬリスクがあるんだけど、妊娠、出産のステージでリスクが上がるし、責任や思い入れが強くなって死ぬの怖くなります。若い衆も読んだらええ。

2021/03/10

gen

あー、終わるぅーと残念で……買ったが放置……したものの、ちらちら気になり、ま、完結ったって、再読という手だってあるし、32巻もあるんだから、愉しめるじゃん!と自分を鼓舞し、なおも助走のためまだ登録してない巻から、8巻を選びレビュー。という手続き踏んで、いざ、最終巻へ――。おまけの息子さんの絵が絶品な上、幼い字で「読者のみなさん、父さんにいままで つきあってくれて ありがとうございました!!」なんて、反則だよ、ただ、涙……。著者の「鴻鳥サクラ、ペルソナメンバーのみんな、今まで本当にありがとう!」には敬服。⇒

2020/11/09

美月0217

終わってしまったね。 作者の息子さんが言った通りのよかった!で終わり。 寂しいようで、ここで終わりで良かったでもあったり・・ 色々考えさせられたりもあった・・ ありがとうございました。

2020/11/08

セヱマ

完結、図書館に置いてある理由がわかったように思う。若年層の必読書で間違いない。人の数だけ出産があり、すべてが違って、すべてが一つずつ奇跡的なことなのだと学んだ。出産は本当に素敵で、とても怖い、一大事である。この気持ちを忘れず、常に持ち続けていたい。 子どものちょっとした反抗やいたずらにも寛容でいられる。生まれてきてくれてありがとう。 作者の壮大な親バカぶりが大変に素敵である。そういうことなんだよなと大変共感する。

感想・レビューをもっと見る