読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

狭い世界のアイデンティティー(5) (モーニング KC)

狭い世界のアイデンティティー(5) (モーニング KC)

狭い世界のアイデンティティー(5) (モーニング KC)

作家
押切蓮介
出版社
講談社
発売日
2020-09-18
ISBN
9784065207482
amazonで購入する Kindle版を購入する

狭い世界のアイデンティティー(5) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

活字スキー

【おぎゃぱーッぷりぴんちょぷりぴんちょ】シリーズ完結。ハッピーエンド?理不尽な仕打ちにブチ切れた中堅漫画家たちのエネルギーを束ねた神藤マホが件社の全てをぶっ壊す。全てが無駄だった?いや、漫画の可能性は無限大。とりあえず『ぐらんばII』楽しみにしてます。もちろん電書じゃなくて紙の本でお願いします。嫌な世の中だからこそ。

2020/10/02

kanon

私は漫画にはお金を支払って読む価値がめちゃくちゃあると心から思います。それに尽きます。好きな作家にはそれに近しい作家(漏れ無く全員好き)が集まるんだなあと思った作品。

2020/09/18

ぴよ(toyoneko)

「ぐらんばⅡ」を描けばいいだろ!!

2020/09/30

キタハチ

紙書籍で読了。押切先生の漫画業界への思いをぶつけたメタフィクション系バトル漫画。予想外のラストだが、楽しめた。

2020/09/20

牧野由依さんのYui Makino Concert~twilight melody~に参加するオジャ

実在マンガ家ネタや内輪ネタで面白さの9割を占めてて最後の最後までメインストーリーが刺さらないままだった印象。まあマホちゃんはあくまで舞台装置であってそのマホちゃんを使って押切さんが色々ぶっ壊したりぶっちゃけたりしたいからメインストーリーがオマケなのは分かるがせめて空想フライトがどう言うマンガかは知りたかったナア。これならエッセイマンガ実在マンガ家同士のでぶっ殺しぶっ殺しあいのマンガ描いた方が面白かったんでは。とりあえずぐらんぱ2は描いてくれ。

2022/04/11

感想・レビューをもっと見る