読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

桜宵 香菜里屋シリーズ2〈新装版〉 (講談社文庫)

桜宵 香菜里屋シリーズ2〈新装版〉 (講談社文庫)

桜宵 香菜里屋シリーズ2〈新装版〉 (講談社文庫)

作家
北森鴻
出版社
講談社
発売日
2021-03-12
ISBN
9784065208083
amazonで購入する Kindle版を購入する

桜宵 香菜里屋シリーズ2〈新装版〉 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nico

シリーズ第2弾。東京は三軒茶屋の裏路地にあるビアバー《香菜里屋》。決して立地条件が良い訳ではないのに客足が途切れないのは、美味しいビールと料理が楽しめる隠れ家のような安らぎの場だから。いつものようにマスターの工藤が優しい笑顔で訪れるお客たちを出迎えてくれる。今回も工藤と常連客たちの推理合戦が楽しめた。工藤と常連客たちの仲の良さはいつ読んでも心地よい。ビアバーだけに推理合戦後の後味はちょっと苦めだけれど。。そして今回も工藤の創作料理の数々は想像するだけでお腹が減る。特に桜飯が食べてみたい。

2021/05/09

nemuro

新装版を契機に再び愉しんでいる<香菜里屋>シリーズの第2巻。表題作を含む5編を収録。「2006年4月に刊行されたものの新装版」とのこと。当時、刊行からさほど日を置かずに購入し読んでいたので、たぶん根室時代で以来の再読。馴染みのビアバーでの会話を中心とする本書。個人的には、“ひとり呑み”を始めた30代前半(札幌時代)以降、行きつけだった札幌、帯広、富良野、稚内、根室のお店やマスターたちを思い浮かべながら堪能した。その後、函館、芦別、網走、再度の函館を経て現在の富良野にて60代の私。更に新鮮にして味わい深い。

2021/09/16

のんちゃん

東京三軒茶屋、香菜里屋というビアバーの店長工藤が、その客が持ち込む謎や事件の真相をその会話から見抜くシリーズ第2弾。第1弾は読メ登録のずっと前に読了。その当時は2010年に早逝された作者もまだご存命だったと思う。持ち込まれる謎や事件はちょっと突拍子もないものであるが、これが面白い。そしてビアバーで供される酒の肴の美味しさ満点の描写は、それだけ読むのでも楽しみな出来となっている。今シリーズはあと2巻あり、絶対読む事を決めている。北森鴻さん、早く鬼籍に入られすぎました。あらためて合掌。

2021/04/02

えみちゃん

「香菜里屋シリーズ」第2弾♪連続刊行・・うれしいけど置いてきぼりにならないように追いかけなければ。笑っ。「香 菜里屋シリーズ」というと、日常の謎、ちょっと不思議な出来事をマスターの工藤が常連客たちの話を聴いただけで店から出ることなく真相に行きつくっという安楽椅子探偵ものだと思ってましたが、「旅人の真実」では実際に殺人事件まで起きてしまいます。最後の「約束」に至っては、「香菜里屋」の休業(工事)を利用して花巻の「千石」を訪問というサービスぶり。しかもその出先で厨房に立ち料理を振舞うというシチュエーションが

2021/03/24

小梅さん。

はっきりと真相として明らかにはされていないものの、なんだか不穏な話が多い印象。 特に「約束」は怖い。 そんなの、誰も救われないよ、、、 「旅人の真実」も、きれいなカクテルの裏に見えてくるものは怖い。でも、金色のカクテルは見てみたいなぁ。 「桜宵」は、男の身勝手さと思えてならなかった。 彼女の不遇は切ないけど、それだけになおさら。 「犬のお告げ」も、ヒトの都合で犬をあんなふうに利用して苦しめたなんて許せない。

2021/06/25

感想・レビューをもっと見る