読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

殉教者 (講談社文庫)

殉教者 (講談社文庫)

殉教者 (講談社文庫)

作家
加賀乙彦
出版社
講談社
発売日
2020-12-15
ISBN
9784065211182
amazonで購入する Kindle版を購入する

殉教者 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Midori Nozawa

病院の待合室で半分以上読むことができました。市の無料がん検診なのですが、約3時間かかりました。さて本書は殉教者を丹念に書いていることに感心しました。神父を送り込んだポルトガルや教皇庁のあるローマに、徳川政府のキリシタン迫害の様子が逐一文書で送られていることも驚きます。今と違って帆船での往来ですのに。ネットも電話も無い時代ですから。自分が犠牲になって十字架刑となり、信者たちの命を助けた人の遺体の中指がローマの教皇庁に届けられました。イエスの生き方を真にお手本とした人達の尊い姿を知ることができました。

2021/09/01

高高一

ペトロ岐部カスイという貧乏百姓がマカオ、ゴア、エルサレム、ローマへの苦難の旅を実行し神父となり、弾圧激しい日本へ戻り殉教者となるまでの足跡。私は彼よりも長く生きているが、未だにふらつくように道を歩いてる。

2021/02/10

感想・レビューをもっと見る