読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

完全犯罪の恋

完全犯罪の恋

完全犯罪の恋

作家
田中慎弥
出版社
講談社
発売日
2020-10-28
ISBN
9784065211199
amazonで購入する Kindle版を購入する

完全犯罪の恋 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ずきん

私小説風恋愛小説なのかな。著者の作品は『共食い』『第三紀層の魚』しか読んでないけれど、比べると鮮烈さに欠ける。好みの問題かとも思う。ラストの断ち切り方がすごく好き。

2020/10/16

ゆのん

始めはとても読み難く感じたが、読み進めていくうちに太宰的な文章に感じ始め以前に読んだ事がある様な錯覚に陥る。川端康成、三島由紀夫の名作や、文豪達の死様の描写が素晴らしい。辛く、苦しく、後悔の念に駆られていても、それでも生きてゆく。罪を背負いながら。生きるのは綺麗事じゃないのだと突き付けられた感じがする。247

2020/11/04

パトラッシュ

主人公は田中姓を名乗るが、血と泥と反吐をぶちまけたような小説を延々と書いてきた作者の私小説とは思えない。むしろ「自分でもピュアな恋愛小説を」との意気込みで、17歳の三角関係を書いてみたかったのではないか。三島や川端を愛読した部分だけが実体験で、高校時代に文学を論じ合える異性がいてほしかったとの願いを小説化したのか。その点は自分も同感だが、むしろ緑と森戸との過去の三角関係に絞って描いた方がすっきりしたのでは。緑の娘の静が母親の過去の恋愛をほじくり返すのは、美しい物語を汚してしまったように思えてならなかった。

2021/03/16

優希

田中慎弥の作品にしては読みやすく純粋な文学といった印象でした。美しい純愛小説を描こうとしたのでしょうね。川端や三島を絡ませているのが現実として浮き彫りにしつつ、文学について話せる相手が欲しかったのかもしれません。世界を拒み拒まれた色彩が塗られているのだと思います。

2021/04/18

のんぴ

#NetGalleyJP 女性に対する拗れた感情や劣等感や、先輩に対する嫉妬が、太宰治っぽい文学的な表現で描かれていて、最後に事実が明らかになって罪悪感を乗り越えようと、自分に向き合うさまは潔く好感が持てた。ただ、相手の女性の気持ちが、主人公同様こちらにも推測しずらく、本当は誰が好きだったのか、どちらにも思われうまくいっていたのに、なぜそういうことになってしまったのか、あまりにも感受性が強くエキセントリックな性格だったのか、本にとりつかれて魅入られ連れていかれてしまったのか、

2020/10/29

感想・レビューをもっと見る