読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人形の国(7) (シリウスKC)

人形の国(7) (シリウスKC)

人形の国(7) (シリウスKC)

作家
弐瓶勉
出版社
講談社
発売日
2020-11-09
ISBN
9784065211618
amazonで購入する Kindle版を購入する

人形の国(7) (シリウスKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

舞台は北合成スラブ地方からリベドア帝国へ。ストーリーが進展して目が離せなくなってきたが、ここにきてキャラの面白味も増してきた。ケーシャとエスローの間にずけずけとワサブが割り込んでくる会話がいい感じ。こっちのトリオとあっちのトリオ(ジェイト、リナイ、トオス)+アジェイトもとぼけた感じを見せてきた。帝国との争いが核心へ進む中で場を和ませる。処刑隊との対決はまさに肉を切らせて骨を断つ。ところでワサブのしっぽの意味は何だろう。ぬいぐるみのようなムグホシも加わって、さらに三つ巴の争いはどうなるか。次巻も期待。

2020/11/11

GU

割とさらっと帝国内に話が移りました。今回は全体的に進行重視な感じでしょうか?勝負は一瞬というのか、割と決着はさらっといくのも変わらず。しばらくは帝国内での話になるのかな

2020/11/16

イシザル

ぜんぜん舞台設定を説明しないから読者が置いてきけぼりにみえるが。1話読み切りのエピソードが、しっかりしてるから、舞台設定を描かないだけでしっかり決めてあると、俺は、睨んでる。

2020/11/11

arianrhod

聖遺物捜索旅団の新しい任務AMBの回収チームにアジェイドが参加して人間味を感じるようになりました。エスローのパーティーチームは、間違いなくワサブのおかげで面白くなってきました。真地底教会の攻撃手ムグホシはヘイグス粒子が切れると猫みたいなかわいい小動物の姿になり、ムグがパーティーに参加。動物型はかわいいな。何より気になったのはプロトラクターのシーン。絵ではよくわかんなかった。祝福の甲冑におさめられたイヘマの上半身。ぜひとも暴走してカワジンをやっていただきたい。

2020/12/10

北白川にゃんこ

暗殺するには2発撃てよ!基本だね!

2020/11/18

感想・レビューをもっと見る