読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

その果てを知らず

その果てを知らず

その果てを知らず

作家
眉村卓
出版社
講談社
発売日
2020-10-22
ISBN
9784065212028
amazonで購入する Kindle版を購入する

その果てを知らず / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひらちゃん

眉村卓の遺作。病床で書き綴られた本作は、同じく病を患い残り少ない時間の中で書き続ける作家の話。薬の副作用か、現れる幻想と現実を行ったり来たり。回想するシーンはまさにご本人の過去だろう。星新一が名を変えて登場。だんだん意識が混濁して行くのか、架空の世界や、SF的出来事も。しかしその果ては何があるのか。本人も意識して書いていたのか、書くことで楽になれたのか。亡くなられる方の夢の中にずっといる、そんな感じだ。死を目の前にした人の心境に触れられた気がする。

2020/12/11

keroppi

今日は、眉村卓さんの誕生日。昨年85歳で他界されたその眉村卓さんの最後の作品。三人称で描かれるが、明らかに眉村卓さん自身のことだ。死を目前にして、現実と幻想が入り混じる。過去の回想が偽名で蘇ってきたりするが、それぞれが誰のことなのか何となく分かったりする。SF的想像力が、死というものを捉え、飛躍していく。まさに、他の世界に飛翔する。本当に死を見据えたからこそ生まれ出た作品と言えるのだろう。#NetGalleyJP

2020/10/20

kawa

日本SF界・第一世代の大家だったという著者の84歳の遺作。取り立ててのSFファンではないが、人生の老いの終幕とSFが合体したような奇妙で魅力的な作品。もう少し先だと思うが、自分の終幕も現実とSF的幻覚?(本当に異次元が存在するかも…)を行ったり来たりのこんな雰囲気で逝けたら幸せかも知れない。

2021/01/27

ひさか

2020年10月講談社刊。書下ろし。眉村さんの遺作だそうで、SFを書きだした頃の世界に行ったり、晩年の病院療養中であったり、時空を行き来しながら、不思議な世界観を肯定的に描いてあります。これは、眉村さんの晩年のショートショートに時々出てくる世界によく似ています。この世界をまとまりのある長編で読めたのが楽しい。

2021/04/22

Roko

この本の主人公は老作家、多分眉村さん自身がモデルなのでしょう。サラリーマンをしながら同人誌や雑誌に投稿していた頃の事が詳しく書かれています。まだ新幹線がなかった時代に大阪から東京の出版社まで、しばしば訪れていました。定宿にしていた商人宿、長距離列車、神田にある出版社(たぶん早川書房)のことなど、60年前の東京はそんな感じだったんだなぁって感慨深かったです。老作家は所用があって久し振りに東京にやって来ました。宿とした丘ホテルは、多分山の上ホテルなんだろうなぁと想像してしまいました。#NetGalleyJP

2020/10/21

感想・レビューをもっと見る