読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新 仮面ライダーSPIRITS(27) (KCデラックス)

新 仮面ライダーSPIRITS(27) (KCデラックス)

新 仮面ライダーSPIRITS(27) (KCデラックス)

作家
村枝賢一
石ノ森章太郎
出版社
講談社
発売日
2020-11-17
ISBN
9784065214190
amazonで購入する Kindle版を購入する

新 仮面ライダーSPIRITS(27) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とうとう村雨は出番がなく。そうすると、誰かを際立たせるか、全く違うヒトを活躍させなくては。本巻で両方が出ているのだか、で、それで?とならざるを得ないのは、突破するべき敵に変化がないままだから。作者の気持ちはともかく、少年ライダー隊なんてのは、どーでもいい。今となっては。畳めるのかな?という懸念はここ数巻で緩和されたと思ったのだが…

2020/11/20

みやしん

「少年ライダー隊」←実際いられるとロマンそっちのけで危険極まりなく、たまったものではないし、大人の責任(時代ってのもあるが)は半端なく問われる。そこを諭す現代の隊員の瞳が洗脳目っぽく描かれているから、つい疑ってしまう。物語は安定の停滞です。ボロボロで戦うライダー・尽きない敵勢力・よくわからんカミサマ…このままずっとグルグルいくんだろーなー。困難な時にアツい事は言うんだけど、上記のように状況がそれも含めてワンパターンだから、悪いけど正直飽きた。『愛のメモリー』しか歌わない松崎しげるみたい。

2020/11/18

はえ太

もう、「何がなんだかわからない」が続いて何巻経つだろうか。

2021/05/09

とんび

物語を畳みにきてるかと思いきや、なんか今巻は少年仮面ライダー隊で「ライダーで語りたいもの全部やる」みたいな空気が。 一旦本編を落ち着けてから、外伝なんだけどナンバーそのまま続けるみたいな形でやって欲しいかなぁ。 しかし、本郷のエピソードを外伝と言われると、本郷こそライダー派がもにょる感じもなくはない。

2021/03/25

よーいち

久々に読み応えあった気がする。話の流れはなんかもうわかんなくなってきたので、最初から読み返さないとだけど。やはり、一号ライダーはカッコいいなぁ。

2020/12/14

感想・レビューをもっと見る