読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪魔を殺した男

悪魔を殺した男

悪魔を殺した男

作家
神永学
出版社
講談社
発売日
2020-11-26
ISBN
9784065215708
amazonで購入する Kindle版を購入する

悪魔を殺した男 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ソルト

シリーズ②阿久津が精神科病院に入れられ、天海は捜査の助言をもらうために足を運ぶ。そんな中起こる凄惨な殺人事件。天海には永瀬という阿久津と同期だった警官と組むことになり捜査に回ることになるが…。檻に挟まれても阿久津と天海の絆は切れない。阿久津と大黒にあったことに嘘でしょ?!ってなったけど最後の結末にびっくり!黒幕もまさかのあの人で…驚きの連続で面白かった(驚いてばかりだ(笑))。初版のショートストーリーも良かった。

2020/12/12

ITK☆

シリーズ?2作目。前作をなかなか思い出せなかった。女性の頭の皮を剥いだ死体が見つかる。阿久津が統合失調症の診断で閉鎖病棟へ。警察上層部の不正、隠す為の犯罪。他人を操り犯罪を重ねる犯人。ラストは今回は希望が。これでシリーズになるかな?

2021/01/22

あずとも

「悪魔と呼ばれた男」の続編のサスペンスミステリー。組織の闇に加えて陰謀や欲望、嫉妬に快楽と隠された人間の本能が絡み合って新たな事件を生む。終盤の展開は先が気になって一気読み。面白かった。

2020/11/28

君島 嵐士

猟奇的殺人を追いかける天海。 彼女には、拭いされない過去がある。 その人物は、ものを触っただけで過去が見える阿久津。 彼は、色んな物から犯人に繋がる助言をする。 しかし、それを信じない男永瀬が真っ向否定をする。 そんな中事件が起きまくる。 犯人が沢山出て来て、伏線が分からない。 誰が、真の犯人か! 最後の一行まで目が離せない!

2021/01/03

白桃

初めてKindleで小説を買った

2020/12/06

感想・レビューをもっと見る