読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

とんがり帽子のアトリエ(8) (モーニング KC)

とんがり帽子のアトリエ(8) (モーニング KC)

とんがり帽子のアトリエ(8) (モーニング KC)

作家
白浜鴎
出版社
講談社
発売日
2020-12-23
ISBN
9784065216255
amazonで購入する Kindle版を購入する

とんがり帽子のアトリエ(8) (モーニング KC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

buchipanda3

魔法使いの祭り、銀夜祭の話題で始まる今回。その祭りに向けてそれぞれが様々な心境を抱えながら準備を進めていく…。毎回、魔法の可能性とその意義について問い続けている物語だけれど、今回はさらに一歩踏み込んだ感じの展開が印象的だった。魔法が世界に与える影響、良いようにも悪いようにも変えることができる力、それを頭に置きながら、ある目的のために夢中になって新しい魔法を考えるココとタータ。ただ、そこに唐突に現れた者が見せたものが強烈だった。銀夜祭がどうなるのか、次巻が気になる。

2020/12/23

exsoy

世界が彼を拒むなら世界を変えればいいじゃない。折角上手くまとまったのに…

2021/01/07

nyaru47659288

今回は「お休み」的な平和な回かなーと思いきや、最後に急展開。ついにつばあり帽側の子供魔法使いが出てきたか…。

2021/01/28

ルシュエス

銀夜祭前の、それぞれが魔法に対して思うこと…。 疚しさ、口惜しさ、妬みや絶望が交差し、そこを”本物の魔法使いさま”が穿つ。 新たな不穏な派閥ですね。 色々モノの見方が変わって波乱がありそう;

2020/12/24

arianrhod

相変わらず丹誠込めた作品にニッコリ。ココとタータがクスタスに魔法を工夫する作業は、ゲーム内で試行錯誤して本来の用い方とは違うゲームの穴を探しだす作業に似ている気がします。コマンドを使うようなチート作業ではなく、あくまでもゲーム内ルールに則った工夫する作業を見つける感覚に似ている気がしたんです。日常でいうと、思いがけないシンデレラフィットの発見みたいな感動かな。銀夜祭は大きな波乱がありそうで次も楽しみですね。

2021/03/08

感想・レビューをもっと見る