読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エスカレーション (星海社FICTIONS)

エスカレーション (星海社FICTIONS)

エスカレーション (星海社FICTIONS)

作家
倉田 悠子
いとうのいぢ
出版社
星海社
発売日
2020-10-20
ISBN
9784065216521
amazonで購入する Kindle版を購入する

エスカレーション (星海社FICTIONS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しまふくろう

表紙が可愛くて購入。挿絵は無かった。 物語は母親の浮気を目撃して男性不振になった女の子が女学院で色々あった話。どの家庭も拗れているものの、友人達との交流を経て前向きに受け止めたり乗り越えたりする女の子達が良い。成長した主人公がかつての先輩ポジションな感じになるのも面白かった。 主人公の父親が妻の浮気をどうしたのか、そこがちょっと知りたかったような。

2020/12/26

羊山羊

只の百合エロラノベかと思いきや、早川直美の倒錯した激情に主人公リエも碧も読者もまとめて蕩かされる。なおみの父への想い、家族への愛憎はサイコホラーじみている。そんな彼女の支配欲がリエを艶やかに凌辱してゆく。百合エロラノベから人の支配ー被支配の関係を鮮やかに描いた1冊。はじめは被虐者だったリエが真理との3Pや時の経過を経るごとに、なおみが乗り移ったかのように加虐者へと変貌してゆく様は素晴らしい。大満足でした。

2021/09/24

椎名

性行為があるからこその奥行きの出る作品で非常に面白かった。エピローグがまた効いていて、ただ逆転するだけではなく綺麗に継がれていく、どちらかが支配しどちらかが支配されるというだけではない二面性をしっかりと描ききっていたのが見事。

2021/04/02

おこげ

カトリック系女子校、お姉さま…今では学園百合を連想させるファクターに、昭和の百合ノベル黎明期を思う。実は今回が初読なのだが表現や言い回しに滲み出ている時代背景。3Pや道具使用は好みの分かれる部分であるし、中でもお姉さま・なおみの父と弟。性欲すら失くしたような男達だが望まずとも女同士の行為を(直接ではないが)幇助する辺りは当時の傾向なのだろう…男性嫌悪からレズビアンに為ったリエ然り。とは言え先輩から後輩へ、友人へと絡まって後々へ紡いでいく蜜の系譜に愛の重みがみれる💝

2020/10/20

masabi

【概要】男性不信から女学校に転入した主人公リエが生徒会長や同級生、後輩と関係を持つ。【感想】上級生に対する憧れから肉体関係、次に精神的に更なる理解を深めつつ、最後には逆転する。神聖な学舎での秘め事が受け継がれる構図と思春期の少女達が交わりを経て各々の問題を解決し成長していく物語でもある。数十年前のアニメが原作のノベライズの復刊らしく凄いことだ。解説にある通り当初はレズ物、今は百合物として受け取られ環境の変化を感じた。

2021/01/16

感想・レビューをもっと見る