読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

2020年のゲーム・キッズ →その先の未来 (星海社FICTIONS)

2020年のゲーム・キッズ →その先の未来 (星海社FICTIONS)

2020年のゲーム・キッズ →その先の未来 (星海社FICTIONS)

作家
渡辺浩弐
坂月 さかな
出版社
星海社
発売日
2020-11-16
ISBN
9784065216590
amazonで購入する Kindle版を購入する

2020年のゲーム・キッズ →その先の未来 (星海社FICTIONS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みどり

ショートショートに近い短編集なので、読みやすいし、 「1999年の~」からスタイルもスタンスも変わらないので ホッとするというか、ふふんと思わせるものがある。 時代とともにちゃんと進化してる本は好きだ。

2020/11/16

コリエル

アフターコロナ時代のゲーム・キッズ最新作。かつての本シリーズが描いていた近未来から、修正を余儀なくされた現在がそこにはある。感染をおそれ引きこもり、ネット通信やケータリングで生きていくことが「主流」になったいま、この作品が描くブラックなユーモアはどんなものか。「青人」や「星の数ほど」「末恐ろしい子供」なんかが好き。「袋のネズミ」なんかは従来のシリーズにありそうな話でこれも悪くない。

2020/11/30

NORA

さしもの渡辺浩弐といえど、さすがにコロナは予見できなかったろうと思っていたら、世間がパニックに陥ってる間にしれっと「コロナ禍小説集」を書き上げてしまった。まったくこのひとの執筆力には恐れ入る。リモートワークや密といった旬なワードをテーマとしつつ、いずれも短いながら歯応えのある、SF的意匠を散りばめたショートショートが収められている。コロナで世界はいかに変わるのか。作家の想像力はいかに現実に肉薄できるか。そういった意味では、本書が真価を発揮するのはまさしく「未来」の世界において読み返したときだろう。

2021/02/19

碧海いお

過去に読んでいた本の最新刊。 昔と変わらずに、短編集。アフターコロナを題材にしている。 以前、婚活している男性からネット上の顔と実際に会った顔が違うことがあるあると聞いたことがありましたが、この本を読んで納得をしましたw 顔を見ているはずなのに、ネット上でしか交流しないと現実で会った時のガッカリ感はすごそうです。 コロナになる前に遠距離の友達と会っておくべきだったと思いました。

2021/01/21

コキア

古市さんがとくダネでオススメしていた本書。 皮肉たっぷりのショートショートが、令和版 星新一という感じ。 疫病により世界中の人がひきこもり生活を強いられる。 人と人が接触しなくなった未来はどうなるの? ただのSFではない。洒落にならないブラックユーモア これは多分日本の未来。 ※スピン(栞紐)がかわいいリボンだった。星海社は初めて買ったのかも

2021/01/14

感想・レビューをもっと見る