読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アルスラーン戦記(14) (講談社コミックス)

アルスラーン戦記(14) (講談社コミックス)

アルスラーン戦記(14) (講談社コミックス)

作家
荒川弘
田中芳樹
出版社
講談社
発売日
2020-12-09
ISBN
9784065216804
amazonで購入する Kindle版を購入する

アルスラーン戦記(14) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

対トゥラーン戦、ナルサスの罠、ダリューンの武勇、ギーヴの帰還、いいところもっていくなぁ(笑)

2021/03/23

洪七公

トゥーラーン軍撃退、ギーブ帰参。表紙のギスカール、温泉で足湯してるのかとおもったわ。

2020/12/12

るぴん

レンタル。パルス軍対トゥラーン軍。捕らえた敵を罠に嵌めるナルサスの手腕が見事。ギーヴも毎回いい所を掻っ攫うけれど、登場する度ラジェンドラもいいとこ取りをしてる気がする。元々好きなキャラではあったけれど、荒川さんの漫画を読んで、さらに好きになった。癖のある濃い顔が最高♫

2021/02/05

水無月彦丸&ティアラ・ロウ

kindle版読了。ギーヴがアルスラーンのピンチを救う、という見せ場で思わず拍手。ほんといいところもっていくなぁ。トゥラーン軍との戦いにも目を見張るものがありますね。ジムサが思いのほか童顔で、あれ?こんなキャラだっけ?と原作小説を思い出してみたり。ラジェンドラもほんといいキャラしてる…。ヒルメスがルクナバードを欲してる情報をギーヴに教えられってところで終わりましたが。次巻予告を見て、ああついに

2020/12/31

陸抗

ギーヴ、良いところで帰ってきた。タイミング計ってた可能性高いけど。あと、ナルサスの作戦に鳥肌が立った。捕まえた武将が本当に言葉が理解出来なかったら、また別の武将を捕まえに行ったのかな。ダリューンなら、買い物のついでのように捕まえそうだけど…。

2021/01/10

感想・レビューをもっと見る