読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

寄生獣リバーシ(6) (アフタヌーンKC)

寄生獣リバーシ(6) (アフタヌーンKC)

寄生獣リバーシ(6) (アフタヌーンKC)

作家
岩明均
太田モアレ
出版社
講談社
発売日
2020-12-09
ISBN
9784065217290
amazonで購入する Kindle版を購入する

寄生獣リバーシ(6) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

本篇で市役所大決戦の準備が進む中、狂えるドクター海老沢もArmageddon(最終戦争)の準備を……。ど、毒ガステロだとう!?? 次巻でいよいよ物語は大きく動くのか!?!? 新巻が出るたびに、もう次の巻が楽しみでならないマンガである◎

2020/12/10

3.5 新刊読了。原作のクライマックスにあたる、自衛隊による市役所掃討作戦が迫る。一方で、イツキの元には海老沢が再び現れ、市役所に毒ガスをばら撒くという犯行を予告。当然、原作の筋書きを少しでも変えるようなことはしないだろうから、あくまで矛盾が出ないよう、タイトル通り裏側の出来事として描くのだろう。それにしても、広川市長は原作だけだと単なるソシオパスというか、現実でもたまに見る環境ゴロの成れの果てって感じだったけど、イツキの幼少期の記憶に残るまともな広川とのギャップをどう埋めるのか、そこが気になるところ。

2020/12/24

にとりん

いよいよ大詰めの市役所攻防戦が始まる所まで。この作者は原作リスペクトがかなり感じられるから多分原作の巻数10巻は絶対超えないだろうな。

2021/03/10

bbb

○+。やっと行き先がわかった気がするけど、気がつくの遅かったかな。その先はあるのかな。

2021/01/16

感想・レビューをもっと見る