読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひとりひとり (講談社の創作絵本)

ひとりひとり (講談社の創作絵本)

ひとりひとり (講談社の創作絵本)

作家
谷川俊太郎
いわさきちひろ
出版社
講談社
発売日
2020-11-04
ISBN
9784065217610
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

ひとりひとり (講談社の創作絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

ひとりひとり。自分が思っていることと重なる部分が多くて、素直に嬉しくなる。ひとりひとり、違う。違うからこそ素晴らしいし、一人ではないのだと。ちひろさんの絵と相まって、これぞ、コラボレーション。明日への希望が灯る。

2021/04/28

ツキノ

2020年11月刊。いわさきちひろ×谷川俊太郎第二弾。今回の詩は書き下ろしではなく、2006年発表の詩から。巻末に収録画一覧あり。「今も一人っ子」というエッセイのようなあとがきがいい。(E18)

2021/01/18

おはなし会 芽ぶっく 

いわさきちひろさんの絵に、谷川俊太郎さんが詩を添えて、画集のような詩集。第二弾です。巻末に収録画一覧があり出典されている本も載っていました。こちらは絵も載っているので、第1弾よりも分かりやすくなっています。

2020/11/26

spatz

このふたり、に育てられた気がする。彼のマザーグースのうたをこもりうたにして。いわさきちひろの絵に、谷川俊太郎が言葉をつけた。レビューによると、第二弾だとのこと。こちらは、絵がきちんと並んで出典があきらかで、わかりやすいとのこと。わたしの谷川さん、二十億光年の孤独、、空の青さをみつめていると、女に、とかとかとかとか、あるけれど、やはり原点はマザーグースなのだ、と、翻訳だけど、彼の作だと。すき、とか、そういうのをこえて、あなたがいてよかった、と思える、そんなひとだ。

2021/01/06

Boo

ひとりひとり…違うけれど、みんな同じ世界に生きている。当たり前のことを言葉にしただけでこんなに優しい気持ちになるなんて…いわさきちひろさんの絵と相まって、視覚からも癒されるステキな絵本。

2020/11/21

感想・レビューをもっと見る