読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

野良猫を尊敬した日 (講談社文庫)

野良猫を尊敬した日 (講談社文庫)

野良猫を尊敬した日 (講談社文庫)

作家
穂村弘
出版社
講談社
発売日
2021-02-16
ISBN
9784065219423
amazonで購入する Kindle版を購入する

野良猫を尊敬した日 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふう

穂村氏のエッセイ集3冊目。急に現れるエピソードに、何度呼吸困難に陥ったことか、笑わせてもらったことか。玄関にたどり着く頃には上着のボタンをはずし終えるなんて、大の大人のすることじゃないですよね。たくさんの共感する考えや言動の中に、これはちょっと、と思うところも書いてあって、正直で飾らない人なんだなと改めて思いました。穂村氏のそばにいるとちょっと疲れるかもしれません。でも、それ以上にほんわかとした幸せな気持ちになれるのではないでしょうか。どうでもいいことですが、穂村…ほむら…炎。かっこいい苗字ですね。

2021/03/15

るぴん

ほむほむ節全開なエッセイ。インターネットの接続が面倒で10年も漫画喫茶に通い続けたというのは、面倒臭がりの極致…!仕事で使うから台風でも通い続け、1日に3回通う日もあったというのは、逆に面倒だったんじゃ…。こんなに面倒臭がりで自意識過剰な穂村さん、どうやって結婚したんだろ?ダメぶりを嘆いているけれど、結局は歌人・作家として成功してるんだから、勝ち組よね(´ω`)「こうありたいと願う自分と、現実の自分との間のズレがあまりにも大きく、しかも、折り合いをつけるスキルが低い。現実の自分を認めるなら認める。それが→

2021/05/02

きなこ

ほむほむさんのイメージはゆる〜くほんわかしてて気弱なおじさま。エッセイ集は初めて読みますが、めんどくさがりで人見知り、ビビリで自分に自信がない…。もう親近感しか湧きません。どのエピソードも共感の嵐😂翻訳した絵本の原作者が来日した時、仮病を使って逃げた話や、スタバでいつも同じものを注文しちゃうとか、インターネット繋ぐのに10年かかったetc。面白エピソード満載の中、時々ドキッとするような切り口を見せられてハッとする。そりゃそうよね。ダメダメばかりの筈がない。飾らないお人柄にホッとさせていただきました。

2021/07/20

shio

インターネット接続に10年かかったり(めんどくさい)翻訳した絵本の原作者に会うのが嫌で逃げたり(英会話ができない)、書きたいことがあって物書きになったのではなかったり(本屋に自分の本を置きたいだけ)「ほむらさんの好きそうな店ですね」と言われてむっとしたり(見抜かれるのが嫌。指摘されるのがもっと嫌)…やっぱり面白可愛くて、共感しながら弱々の中身を覗くのだけど、冷たいオーラが混沌と渦巻いていて、容易には近寄れない。餌が欲しいのに睨んでくる野良猫とおんなじかも。これからもほむほむの「一寸先は闇」性が楽しみ!

2021/03/08

こまり

穂村さんのエッセイは初めて。というか他の本も殆ど読んでいないけれど何故か気になる人😅この題名じゃなければ目に止まってなかったかも。数ある中でよくぞこれにしてくれました👍例えば、ケーキ殺し、何もない青春、めんどくさくて、流星とチーかま…とかだったら見過ごしていただろうなぁ😄とにかく面白かった!こんなに自分をさらけ出せるってすこいな。ちょっとしたことが可笑しくて笑い、ほろっとし、じんわりし、もう、ほむほむさん大好きになるわ。他の本も読もう🍀

2022/07/05

感想・レビューをもっと見る