読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おとなになっても(4) (KC KISS)

おとなになっても(4) (KC KISS)

おとなになっても(4) (KC KISS)

作家
志村貴子
出版社
講談社
発売日
2021-01-13
ISBN
9784065220566
amazonで購入する Kindle版を購入する

おとなになっても(4) (KC KISS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コリエル

一見控え目にみえる綾乃が時おり爆発的な行動力を発揮して、物語が進んでいく。綾乃の行動に影響される渉やその母は「被害者」サイドではあるんだけど、読み手の側としては彼らの自分は悪くないよね? みたいな平凡な思考を理解出来ると同時にその平凡な無神経さに苛立ちもしたり。4巻まできて各キャラクターへの理解も深まってるから、それぞれの立場と気持ちはわかるけどさあ…ってこれまでの作品以上に感情移入しちゃうのは、生活感が強いからだろうか。

2021/01/13

とにざぶろう

心鷲づかみ。むっちゃ面白い。物事が進行してゆくにあたり、各登場人物の反応の度合いがずれているのに現実味を覚える。その立ち位置でその淡泊さなんだ、とか。

2021/01/17

うさぎや

結局のところ、離れられないふたり……

2021/01/16

もっち

出口があるのかも分からないトンネルに一人、別々に動いてむしろ距離を置こうとしている中でこんなふうに出会ってしまうとかさあ…運命とか言いたくなるじゃん! あの子の友達は友達じゃない…そうだよね…

2021/01/14

YSHR1980

小学校の教師という設定はこのためだったのか。子供の視点も混ぜて、タイトルを意識させるのは上手いなー。

2021/01/13

感想・レビューをもっと見る