読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブルーロック(13) (講談社コミックス)

ブルーロック(13) (講談社コミックス)

ブルーロック(13) (講談社コミックス)

作家
金城宗幸
ノ村優介
出版社
講談社
発売日
2021-03-17
ISBN
9784065220733
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブルーロック(13) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

珠李

凛君のお兄さん出てきた。 凄い自信やな。

2021/03/19

こと

選抜に選ばれた潔。そして次の舞台はU-20との決戦。ついに凛の兄が!無個性だった潔が覚醒してここまで来た!この長い話はたった2週間のことだったなんて信じられんわw

2021/05/20

主人公お休み回。なかなか芽が出なかった玲王にようやく進化の兆しが。そして、U-20日本代表戦のレギュラー決定。凛を中心としたチームで、一番化学反応が多かったという理由で潔は選抜。ナンバー2の士道がまさか代表チームへいくとは思わなかったが、他は大体予想通り。超攻撃特化型のチームになったが、DFやGKが本職の代表相手に監獄の皆がどれだけ点奪えるか楽しみ。--精神の没頭状態である「FLOW」に入るには、己の能力を的確に知り、明確で身の丈にあった目標に挑むこと

2021/03/22

よーだ ♪

3次選考最終課題2+ブルーロック11傑。潔のFLOW無意識の反射『夢中』でBチームに勝利したチームA。把握→思考→行動の処理速度が4Gから5Gへと覚醒。それがFLOWの正体だった。次々とTOP6との化学反応適性試験5×5の試合が終わる。U-20日本代表挑むレギュラーが発表される…。布陣は4-1-4-1。3次選考でハイスコアの凛を1トップに各々の特性を最大限に活かした全てがFWの超攻撃特化型チーム。凛のパフォーマンスを最大化しシャドウとして主張・共存・凌駕する最良のパートナーに潔が選ばれる…。(☆☆☆☆☆)

2021/04/30

ぴっころ

士道がイカれたやばい奴から良いものは良いとちゃんと言える素直な子キャラになってた。なのにブルーロックからもu-20からもいらない子扱いされて可哀想

2021/04/22

感想・レビューをもっと見る