読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今夜、すベてのバーで 〈新装版〉 (講談社文庫)

今夜、すベてのバーで 〈新装版〉 (講談社文庫)

今夜、すベてのバーで 〈新装版〉 (講談社文庫)

作家
中島らも
出版社
講談社
発売日
2020-12-15
ISBN
9784065220979
amazonで購入する Kindle版を購入する

今夜、すベてのバーで 〈新装版〉 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

H!deking

という訳で、新装版読みました。最初に読んだのはもう20年くらい前かな。一人暮らしで飲んだくれてばっかいた頃に(笑)内容はといえばほとんど覚えてはいなかったのでやっぱり楽しめました。と同時に切ない。でも、大好きな小説ってのはこうやって何年経っても色あせないものなんだよね。町田康の解説もなんだか暖かい気持ちになりました。今日出来ることは明日やる。明日の分の酒は、今日飲む。皆様、カンパーイ!

2020/12/22

Shun

これまで3人から死を宣告された男・小島容。これはアルコール依存症となった男の生涯を描くとともに、アル中患者の容体や回復までに必要な過程、そして様々な要因の分析等々、アル中について学べる事は大抵教えてくれました。彼は10年以上過度な飲酒を続け遂に緊急入院し、治療生活でこれまでの生涯を振り返りますが、依存症に至る回想場面はとても怖ろしい内容で負荷をかけ続けられた沈黙の臓器と呼ばれる肝臓の悲鳴すら聞こえてくるようだ。合間に登場するユニークな医者や患者たちが笑いを運ばなかったら読み通すのは苦痛だったかもしれない。

2021/01/06

吉田正

せつないなあ。

斎木

とうしても酒を飲まずにはいられない人生について。帯にそんなことを書かれたら買わずにいられませんでしたね。結構前に出た本らしいので今だともっと女性のアル中の割合が増えてそう。男性の方がアルコールに強いんだからずるいよなぁ。赤河さんが最初と最後で印象変わるな~好きです。酒は飲まないで。二人してぼこぼこになって栄養剤注射されてるシーンが好き。個性的なキャラが多いのにアルコールの怖さもぶち込んでくるので定期的にひぃひぃ言ってた。赤河さん好きだなしか言えなくなっちゃう。最後投げキッスもらって地面に叩き付けるの好き。

2021/01/24

ロックとSF、たまに文学

飲んだら死ぬって言われても俺は飲むなあ。乾杯。

2021/01/14

感想・レビューをもっと見る