読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦時下の外交官 ナチス・ドイツの崩壊を目撃した吉野文六 (講談社文庫)

戦時下の外交官 ナチス・ドイツの崩壊を目撃した吉野文六 (講談社文庫)

戦時下の外交官 ナチス・ドイツの崩壊を目撃した吉野文六 (講談社文庫)

作家
佐藤優
出版社
講談社
発売日
2021-02-16
ISBN
9784065224472
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦時下の外交官 ナチス・ドイツの崩壊を目撃した吉野文六 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

breguet4194q

吉野文六というスーパーエリートが、ナチスドイツの崩壊前後を、現地での体験をもとに証言してます。当時の外交文書も掲載され説得力があり、暗雲立ち込めてくる社会状況がわかりやすいです。また、外交官の視点から見えてくる人間模様は、細かく描写されており面白い。インタビュー形式も織り交ぜているので読みやすく、当時のリアリティが肌身で感じられます。幼少期からの成長過程も掲載されてるので、青年期に培った思想哲学が、ドイツ外交官時代や、その後の生き方を決定していることまで掘り下げて論説されてます。読み応えのある一冊です。

2021/10/03

k2ro

学校で英米流経験主義哲学を学んだ若い外交官が目の当たりにするナチス・ドイツ第3帝国の崩壊。戦後の平和な国で生活する我が身には想像し得ないカタストロフィ。 抽象的観念から生まれる愛国心は,国家と国民に多大な災いをもたらす。真の愛国心とは,自分の愛する人,具体的に触れ,抱きしめることができるパートナー,子供,親たちに対する具体的愛情の延長線上にしか生まれない。自分の中に原理原則を持っている人は格好良い。 極限の状況で自らの行動の原則を形作るのは教養であり、愛情である事を教えられる。

2021/04/09

Yasuhisa Ogura

第2次大戦中、ベルリンの日本大使館に勤務していた外交官の吉野文六氏に佐藤優氏がインタービューしたもの。吉野氏はドイツの敗北までベルリンに駐在しており、ナチスの崩壊の過程と日本大使館の内情が語られている。他の文献と併せて読むことにより、当時の状況が立体的に浮かび上がってくる。大島大使については、独語に堪能とされているが「自由に意思疎通を行えるレベルには達していなかった」、またソ連軍が迫るとオーストリアに避難してしまい、吉野氏が大使館の倉庫にある酒と肴の輸送を命じられたなどのエピソードも語られている。

2021/10/31

Riko

図書館で借りた

2021/09/27

感想・レビューをもっと見る