読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天使の報酬 外交官シリーズ (講談社文庫)

天使の報酬 外交官シリーズ (講談社文庫)

天使の報酬 外交官シリーズ (講談社文庫)

作家
真保裕一
出版社
講談社
発売日
2021-02-16
ISBN
9784065224496
amazonで購入する Kindle版を購入する

天使の報酬 外交官シリーズ (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

坂城 弥生

日本でも子供のままいられるのは一部の富裕層だけだと思うけど。

2021/04/08

ドットジェピー

面白かったです

2021/02/25

hakohni

単行本で読了。

2021/02/26

shun

2021年11冊目。外交官・黒田康作シリーズ第2弾。文庫化をどれだけ長いこと待ったことか…復習のために第1弾『アマルフィ』を再読しました。帯にコロナウィルスという文字があったので、まさか内容が変わってるのかと思いきや、新型ではないやつでした。相変わらず面白い。今回は黒田が出し抜かれることが何度かありましたが、相変わらずタフですね。現実世界でも国益のために様々なことが隠されていると思うと、何とも言えない気持ちになります。第3弾が3月に出るみたいなので、楽しみです。第4弾もいつか出して欲しいです。

2021/02/22

さるお

ただ真実を追い求める。そんな黒田の活躍が深い深層を探りあてる。文中の表現で黒田が警察官になるべき…とあるが矜持を持って行動する黒田であるからこそだと思う。続刊が楽しみ。

2021/03/28

感想・レビューをもっと見る