読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブックキーパー 脳男

ブックキーパー 脳男

ブックキーパー 脳男

作家
首藤瓜於
出版社
講談社
発売日
2021-04-21
ISBN
9784065225387
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブックキーパー 脳男 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

久々の首藤 瓜於、しかも脳男シリーズということで大期待して読みました。600頁超の大作ですが、快調に飛ばしました。最期は少しあっけなかったですが、ほぼ満足の内容です。 果たして第四弾は何時になるのでしょうか? https://tree-novel.com/works/episode/89dcc6920714925b35c049c2dbd41c01.html

2021/05/19

いつでも母さん

『脳男』このタイトルが勝手に一人歩きして…本作。もうね、登場人物が多過ぎて600頁超の前半分は苦戦した。バラまかれたパーツを我慢して追いかける私を作者は焦らすジラす(汗)それが終盤は怒涛のあっけなさ。ラストにタイトルの意味もわかるが、『鈴木一郎』の出番が少なくて物足りないと独り呟く。古代の行方が気になるし、縣もこのままじゃなんだか宙ぶらりん。これは続編がある予感。出来れば早めにお願いしたい。余談ながら一言「私は真梨子先生が嫌いです。」

2021/05/22

シャコタンブルー

「乱歩賞史上最強のダークヒーローが帰ってきた」帯の宣伝に心踊らされた。前作から14年も経つので過去の内容や人間関係を忘れてしまい、そこは苦戦した。それでも過去の記憶を少しづつ思い出しながら読み進めるのも楽しかった。スピード感と先の読めない展開で一気読みの快作だった。肝心の脳男の出番が少なくて、そこは残念だったが警察庁の鵜飼のキャラが面白く、その行動にワクワクしたのでマイナス要素は消えた。次作もありそうなので脳男が圧倒的な能力を発揮する作品を是非読みたい。14年は待てないので2、3年でお願いします(笑)。

2021/05/09

Ayako

600ページ超えというボリュームに登場人物の多さ…読みきれるか心配だったが、個性的な面々とスピード感溢れる展開で、杞憂に終わった。縣の強烈な個性と、それを目の当たりにした人々の反応が楽しい。シリーズ物なのにいきなり本作を読んだせいか、よくわからない点が多々あった。特に、そもそも『脳男』とは何なのか?がわからず気になった。しかし他の方の感想を読んで、本作ではあまり登場機会がなかったとの事で納得した。シリーズ1作目から、順を追って読んでみたい。

2021/05/27

ちゃんちゃん

脳男シリーズ3作目。拷問を受けた後と思われる死体が複数発見されていたことから、事件の類似性を疑う警視庁の通と縣はネットを駆使しながら死体の身元を洗う。現場にとんだ縣は、県警の茶屋刑事と共に所轄に隠された謎を追う。現場にちらつく鈴木一郎の影、犯人は一郎なのか…「ブックキーパー」なるほどです。なかなかのページ数ですが、一気読み。読ませます。ここからですよね、脳男。

2021/06/27

感想・レビューをもっと見る