読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ψの悲劇 The Tragedy of ψ (講談社文庫)

ψの悲劇 The Tragedy of ψ (講談社文庫)

ψの悲劇 The Tragedy of ψ (講談社文庫)

作家
森博嗣
出版社
講談社
発売日
2021-06-15
ISBN
9784065227565
amazonで購入する Kindle版を購入する

ψの悲劇 The Tragedy of ψ (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

bayashi

未読のWシリーズにおそらく繋がる、基となる内容。百年密室にも。今生きてる人は間に合わんな。確かに一冊本読んだら、何かしらインストールされてる感はある。Yの悲劇は必読じゃないが、読んでる方が随所上手いと思える。ところで波田陽区ってヨークハッターから取ったのだろうか?

2021/06/30

expensivewell

久々に森博嗣を読んだ。真賀田四季に少しだけ近づいた。続きが気になるから完結してからまとめて読みたいが、最新情報を入手したい気持ちと思わずネタバレをくらってしまうリスクもあるため板挟みだ。週刊連載の漫画に対する姿勢と等しい。

2022/06/20

Musa(ムサ)

Gシリーズもいよいよ第11巻。前回あのような形で終了したのにもかかわらず島田文子の再登場と初めから驚きの展開、そして森博嗣ミステリの真骨頂とも言うべき先端技術を駆使したトリックは、今作の舞台が未来なこともありこちらも驚きでした。また少しずつ時代が未来に進んできたため世界が着実にWシリーズに近づいてきているのがわかるのがファンとしてはすごく面白いです、このまま島田文子がWWシリーズあたりに登場する展開もありそうで森博嗣氏の今後の作品も楽しみになります。

2021/06/19

はと麦茶

島田さん大活躍w美少女島田文子はFの島田文子似なのかな。このシリーズが、FとWWの間を埋めてくれてうれしい。

2021/06/21

リー・チャン

★★★☆☆ 前作から更に時が進み、当然のように人間と共にロボット(?)が生活している。島田が再び登場して主役を演じるが、それ以外の人物は一切出てこなないので、全く新しい物語という感じ。 気づけばGシリーズもあと1作。最後も「悲劇」なわけだけど、どんな結末になるのか、気長に待とうと思う。

2022/09/30

感想・レビューをもっと見る