読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

邪神の天秤 警視庁公安分析班 (講談社ノベルス)

邪神の天秤 警視庁公安分析班 (講談社ノベルス)

邪神の天秤 警視庁公安分析班 (講談社ノベルス)

作家
麻見和史
出版社
講談社
発売日
2021-03-05
ISBN
9784065227916
amazonで購入する

邪神の天秤 警視庁公安分析班 (講談社ノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まこみん

殺人分析班の鷹野が、公安に移動しての新シリーズ。如月塔子とのコンビは解消!?文庫化が待ちきれず新刊を。捜査一課ではエースの鷹野も公安は全く勝手が違い、序盤でミスし周囲は彼に冷ややか。彼は今一度冷静に思考し、改めて自らのこれからの課題を課す。事件は死体から臓器を切り取られた政治家の惨殺と爆破、古代エジプト文明と新興宗教と巡り、今まで培ってきた分析力を用いて徐々に周りから公安の一員として扱われるようになっていく。ネットによってのマインドコントロール。まだ葬儀屋という真の悪人は捕まっていない。続きが気になる。

2021/05/05

ma-bo

前作を今後の展開のポイントとなっていく巻かも・・と感想に書いた警視庁捜査一課十一係シリーズが新シリーズに変わってた。鷹野が主人公に。舞台も刑事部から公安部に。鷹野が公安部への異動を希望した目的は果たされていくのか、如月や旧メンバー達との絡みはあるのか、公安部のメンバーが刑事部から来た鷹野の存在により変わっていくのか、十一係シリーズは続いていくのか等気になる要素が多く次作が楽しみ。

2021/04/28

らび

刑事部と公安部では事件に対する根本的な出発点で真逆を向いている。鷹野はどちらとも融合させる手法を考えるも染みついた思考はそう簡単には替えられない。異動して日も浅い初事件、爆発、遺体損壊、中々にハードな捜査が続き班の人間関係も上手くいかない。設定は結構面白かったしこの先氷室や能見がどう変わってくのか楽しみでもあります。新シリーズ開幕で十一係はエンドですか?鷹野が抜けた新たな十一係、続けて欲しいな。。

2021/03/28

petitlyz

【図書館で借りた】殺人分析班で塔子とコンビを組んでいた鷹野は公安に異動した。爆発事件と政治家の禍々しい殺害事件を調べ始める。殺人分析班の時とは捜査方法が全く違っている。国民解放軍・世界新生教・葬儀屋(殺し屋)など、不穏なワードがいっぱい。結局最も悪玉はわかってない。塔子が出てこないとちょっと殺伐としちゃうけど、鷹野が以前相棒だった刑事の殉職について少しわかりそうな感じ。とりあえず次も読もうと思う。

2021/12/15

きさらぎ

鷹野を主人公にした新シリーズ。鷹野さん、公安への異動を希望してたのかぁ~。希望が叶って異動になり、刑事時代とは違う公安独自のやり方に戸惑いつつ、自分なりの捜査法を取り入れて奮闘する様子が好ましい。徐々に仲間として認められるよう引き続きがんばれー!新メンバーたちの素顔や事情もこれから少しずつ明かされると思うと楽しみ。

2021/06/22

感想・レビューをもっと見る