読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ネメシス2 (講談社タイガ)

ネメシス2 (講談社タイガ)

ネメシス2 (講談社タイガ)

作家
藤石波矢
出版社
講談社
発売日
2021-03-12
ISBN
9784065228265
amazonで購入する Kindle版を購入する

ネメシス2 (講談社タイガ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

麦ちゃんの下僕

注目のシリーズ第2弾を担当するのは、藤石波矢さん…僕は初読みです。ドラマ版第2話にあたる「第1話」は、シリーズ第1弾担当の今村昌弘さんに比べるとミステリーとしてのインパクトは弱いものの…“地の文”が少なく短かいセリフがテンポよく続くので、サクサク読めますね!広瀬すずさん演じるアンナのラップやヨガのシーンは、ドラマ版での“見どころ”になりそうです(笑) そして、恐らくドラマ化はされないスピンオフの「第2話」が実に面白かったですね!笑えて、ハラハラして、思わずウルッとくる…キャラクターも魅力的な“逸品”です!

2021/04/08

mint☆

シリーズ2作目。藤石さんは初読み。設定、登場人物も同じなのに作者が変わると印象が変わるのが面白い。少し大人しい感じになっている気がします。第二話のドラマにない道具屋星くんのスピンオフは特に面白かった。それにしても星くんの年齢設定がドラマと違いすぎるー!

2021/08/28

cinos

皆さん感想で書いていますが、作家が違うとキャラの感じが違いますね。いきなりアンナの父親の失踪の話が出てくるのが謎。道具屋がいい味出していますが、『1』には全く出てこないけど。決め台詞ももう少し合わせてほしかったです。でもオレオレ詐欺の話は二転三転して面白かったです。『1』の1話『2』の1話『1』の2話の順で読みましょう。

2021/03/27

★Masako★今月もゆるゆる読書📖

★★★✰︎ ドラマ「ネメシス」原作第二弾♪ドラマの2話目がこちらの1話目と聞いて、ドラマが始まる前に読んでみた。初読みの作家さんだったが、1作目のイメージ通りのキャラで違和感なく楽しめた♪ただ会話文が多いせいか更にライトな感じになっていたし、社会問題を絡めてはいるがミステリ要素が薄くてちょっと物足りなかったかな。抜群の推理力をもつアンナも出番は控えめだったなあ。本作2話目は、探偵に協力する"道具屋・星”を主人公にしたスピンオフ作品。星のキャラがけっこう魅力的♪ ドラマでの上田竜也くんの演技が楽しみだ♡♡

2021/04/09

ちょこりり

いわゆるライトミステリ。あるいはネメシス2作目。コミカルでドラマティック。マンガ的な展開とミステリ要素が絶妙なタッチで混ざり合っていると思う。本シリーズを起点にミステリ沼へ落っこちる大衆が一人でも増えたら面白い(ミステリ読みは手ぐすね引いて待っている)ちょっぴりビターな結末もまた良し。道具屋登場でますます面白くなってきた。探偵七つ道具。ギミックはやっぱりロマンよロマン。映像化したら面白そうだなぁ。嵐の櫻井くん主演でドラマ化しないかなぁ。ドラマで”サクラップ”まである脚本だなぁ。ネメシスドラマ化しないかなぁ

2021/04/03

感想・レビューをもっと見る