読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦隊大失格(1) (講談社コミックス)

戦隊大失格(1) (講談社コミックス)

戦隊大失格(1) (講談社コミックス)

作家
春場ねぎ
出版社
講談社
発売日
2021-04-16
ISBN
9784065229842
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦隊大失格(1) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「ライバルの子可哀想じゃん・どうしたって勝つメインキャラを応援する気起きないんだよね・だから戦闘員君を応援しちゃう・頑張ってね」。毎週日曜に繰り広げられる悪の怪人軍団と正義の戦隊ドラゴンキーパーとの激闘。既に13年続くこの戦い、実は一年目に幹部は全て倒され、毎週この茶番を続ける条件で怪人達は戦隊から生かされる存在と成り果てていた。奴隷の様に茶番を演じ続ける事に耐えきれない戦闘員・Dは、捨て鉢な覚悟で戦隊内部への潜入を試みるが・・・。怪作「五等分の花嫁」作者の新作、ではあるんだけどなぁ(以下コメ欄に余談)。

2021/04/23

ひぬ

五等分の花嫁でお馴染みの春場ねぎの新作。毎週日曜に放送される悪の怪人VS竜神戦隊ドラゴンキーパーの死闘は、実は茶番劇だった…というオチから始まる叛逆の物語。最弱の悪の怪人対最強の戦隊ヒーローという構図が面白く、本当にどこに着地しようといているのか分からないので、素直に続刊が楽しみです。フォントで読みにくいところもあるので、そこは読解に時間がかかりますが、絵が丁寧で好印象です。それにしてもドラゴンキーパーが胡散臭い。なんかアマゾンレビューが荒れに荒れまくってるのですが、なぜそこまで荒れるのか…

2021/04/25

さすらいの雑魚

これは倫理の授業で使って欲しい作品かも。大ヒットなラブコメの5等分の花嫁から一転、戦隊モノ?!と思わせて悪の組織の末端戦闘員が主役とネジってヨジッた世界観。正邪は転倒し悪の矜持が正義の傲慢を討つ💪が負ける😭悪漢どもに御仏の慈悲は無用、風に散る悪の美学の華に泣けっ🤯大上段に振りかぶる正義は大衆を熱狂させつつ腐臭を漂わせ、至弱な戦闘員の鴻鵠の志に人のあるべき姿を見る。正しさの意味、強さの定義、生の拡充を問いかける名作の予感漂う第1巻。週間少年マガジンで連載中。続刊が楽しみな漫画が増えてボクは嬉しい。

2021/04/23

MS009

悪の側からヒーローを描くって、過去にも色んな作品があったと思うけど、ちょっとトリッキーな設定が面白い。引き込まれて一気に読んじゃった!でも今のところ、いけすかないヤツしか出てこない。今後いろいろ謎があかされていくと思うけど、こんなキャラばかりだと読み進められるか、不安。

2021/04/23

リク

五等分とは五人という以外の共通点が皆無だけど、これも面白い。よくコテコテのラブコメからこの作品に持っていく判断したな。編集GJ。最強のヒーローを倒すために、雑魚戦闘員が策を練る。そして謎の協力者を含めて一筋縄で行かないヒーローサイド。二転三転する展開に息を呑む。正義なんて所詮は側面の一つを見てるに過ぎない。表情でヤベー奴感がしっかり出ているのがいいね。最終的にそういう感じか。全く予想のつかない物語に仕上がっているので、今後の展開にも期待。

2021/04/18

感想・レビューをもっと見る