読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大地の宝玉 黒翼の夢 (講談社文庫)

大地の宝玉 黒翼の夢 (講談社文庫)

大地の宝玉 黒翼の夢 (講談社文庫)

作家
中村ふみ
六七質
出版社
講談社
発売日
2021-06-15
ISBN
9784065230909
amazonで購入する Kindle版を購入する

大地の宝玉 黒翼の夢 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

papako

天下四国シリーズラストはこちら。本編の除の再興物語を越の史述家の朱可の視点で物語が進む。危ないところを裏雲に助けられ、寿白殿下の宝を探したり、宇春と仲良くなったり。私は勝手に、天下四国シリーズの外伝、後日譚だと思いこんでたので肩透かし。しかもあの裏雲がこんな女性と仲良くなるなんて意外。茶飲み友達ですか、きっと惚気まくっているんでしょうね。歴史はめぐる。過去に学ぶ。今の私たちも忘れがちですよね。これからは、しっかりあらすじを確認したから読みます。

2021/09/29

あっか

天下四国シリーズ、読み切りました!最終巻は外伝扱いの徐国再興前日譚。朱可の物語だけどその実、裏雲サイドのお話でもある。この歴史を、そして寿白(飛牙)が成し遂げてきたことを、信念を持って書き記してくれる存在がいてくれることが嬉しいなあ。本編では語られることのなかった、飛牙と裏雲と那兪の目的を果たす旅が終わった後と那兪の独白の『合間』が、朱可たちの楽しそうなその後と共に窺い知れるのも良かったです。

2022/02/03

よっち

十年前に内戦により徐国が倒れ建国された庚。史述家として戦火の中命を落とした父の後を継いで、娘の藩朱可が故国・越を出て徐国へ向かう徐国再興前夜を描いた外伝。朱可宛ての手紙に遺された悲劇の王太子・寿白が遺した徐の〈秘宝〉の在処。旅の途中、危機を救ってくれた裏雲と暗魅の少女・宇春と行動をともにする朱可。裏雲たちと朱可の間に育まれてゆく絆やいろいろなところへと繋がってゆく裏話もなかなか良かったですけど、英雄・寿白登場からの歴史的場面、そして彼らのその後の様子も垣間見えるエピソードにはぐっと来るものがありましたね。

2021/08/13

イシカミハサミ

革命前夜の史述家と黒い翼の様子を描く前日譚。 どうしても世界観からすると、 登場する人たちがみんな優しいのが気にはなるけれど、 天下四国の物語をもっと広げてもらえるのはうれしい限り。

2022/09/03

Yuri

天下四国シリーズ外伝。前日譚なので、1巻を思い出しながら。再読したくなりました。やっぱりこのシリーズ好きだなー。

2022/04/30

感想・レビューをもっと見る