読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

化物語(13) (KCデラックス)

化物語(13) (KCデラックス)

化物語(13) (KCデラックス)

作家
西尾維新
大暮維人
出版社
講談社
発売日
2021-05-17
ISBN
9784065231425
amazonで購入する Kindle版を購入する

化物語(13) (KCデラックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

羽川委員長との取引・・・否、駆け引きが熱い。たぶん違った意味で。キリッとした阿良々木暦くんの表情が最高にイケメンだ。表紙になるほどと頷かされた。

2021/05/24

わたー

★★★★★阿良々木ィ…キサマやってくれたなあ…まさか羽川との体育倉庫の場面だけで後半まるまる費やすとか…最高のご褒美ですありがとうございます。特に、おっぱい揉もうとするシーンとかえっろい。…大事なところは一切見せていない少年誌仕様なのに、ここまでエロく表現できるとか、流石、大暮維人。一生ついていきます。次巻はようやく傷物語完結かな。楽しみに待ちたいと思う。

2021/05/17

こも 零細企業営業

うん、、、羽川へのセクハラで話の内容が全て飛んだ。これで何でヒロインにならなかったんだ?

2021/05/23

highig

( ^ω^)ひたぎクラブ、まよいマイマイ、するがモンキー・・・さて、『傷物語』の副題はなんだったかな?確か・・・つばさパンツ…だったと思っていたんだが、どうやら本書を読んでいくと・・・しのぶボインだったかな?とページを繰っていくと・・・そうか!つばさボインだ!!完全に思い出した!!! ふぅ…こんな肝心な事を忘れてしまうとは、歳というのは取りたくないものですお。とにかくギロチンカッターを倒した後、あれやこれやでボインボイン!体育倉庫でハルマゲボイン!!そう、エロとは裸の事ではなく羞恥の心。これ紳士の常識!!

2021/05/24

にぃと

こよみヴァンプもこれにて完結…と思いきや終わらなかった。強いて理由をあげるなら羽川さんの胸のせいじゃないかと思う。胸を揉むくだりにどれだけページを割いているのかと。後半はほぼほぼふたりっきりの体育倉庫だったし。しかしそれだけの価値がある内容になってるから批判もできない。まあ羽川さんの胸なら仕方ないかな。 ギロチンカッターの再掘り下げもあり、原作版と比べるとより一層魅力的になった。 次巻こそ、こよみヴァンプ編完結…のはず。楽しみにしたい。

2021/05/22

感想・レビューをもっと見る