読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

来世は他人がいい(5) (アフタヌーンKC)

来世は他人がいい(5) (アフタヌーンKC)

来世は他人がいい(5) (アフタヌーンKC)

作家
小西明日翔
出版社
講談社
発売日
2021-05-21
ISBN
9784065233306
amazonで購入する Kindle版を購入する

「来世は他人がいい(5) (アフタヌーンKC)」のおすすめレビュー

【次にくるマンガ大賞 2021特別企画】過去の受賞作を振り返り!スリルと笑いが融合した極道ラブコメ『来世は他人がいい』

『来世は他人がいい』(小西明日翔/講談社)

 ユーザーから「次にくる」と思うマンガを募集し、そこでノミネートされた作品から投票によって大賞を決める"ユーザー参加型"のマンガ大賞「次にくるマンガ大賞」。7回目となる今年のノミネート作品が出そろい、6月18日(金)から投票がスタートする。ぜひ参加して推しの作品を応援しよう! ドキドキの結果発表を待つ間に、過去の受賞作品を振り返ってみてはいかがだろう。本記事では2018年にコミック部門で第1位を獲得した『来世は他人がいい』(小西明日翔/講談社)を紹介!

 著者の小西明日翔氏は『春の呪い』で、「このマンガがすごい! 2017」(オンナ編)の2位にランクイン。2017年からは『アフタヌーン』で、2作目となる『来世は他人がいい』の連載を開始した。同作は極道の家で生まれ育った女子高生・染井吉乃と、婚約者の深山霧島が織りなす極道ラブストーリー。吉乃は少し特殊な生活環境だったが、実家のある大阪で平穏に日々を過ごしてきた。しかし同じく極道の家で育った霧島との結婚話を持ち掛けられ、トントン拍子に2人は結婚。同棲生活を…

2021/6/19

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

来世は他人がいい(5) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こばまり

バイオレンス色の一層強い巻。暴力の合間の日常シーンが大好物。主要キャラが魅力的で、今一番続きを楽しみにしているコミックスだ。

2021/10/13

るぴん

謎の男・薊の狙いは吉乃だった。まだ真の目的がわからないのが不気味。吉乃に異常な執着を見せる霧島に相変わらずゾクゾクする。これからヤクザ同士の大きな抗争に巻き込まれていくんだろうなぁ。啖呵は切れるけれどそんなに強いわけではないんだから、吉乃には怪我なく無事でいてほしい。

2021/05/28

はな

やくざ怖…。でも、霧島の理解できない感情が一番怖い。いつの間にか内側に入られて、いつの間にかナイフ突きつけられるような恐怖。翔真がんばれ!

2021/08/10

まふぃん

DMM。めっちゃバイオレンスな巻。そして、抗争を臭わせる台詞がバシバシに。どうなる、吉乃。

2021/05/22

E

5巻が4巻の吉乃の行動の種明かしになっていて4巻も読み直した。吉乃のシレッとハニートラップも嘘もうまく使える所も、それも明かした後隠し事は無いからフェアじゃないと言えてしまう青くも直球な所も良い性格で魅力的。汐田菜緒も性格見た目共吉乃と対照的で良いキャラなのでこれきり出番がないのは惜しい、頭も良く態度が素直で小娘的な雰囲気が良かった。機会があれば再登場して欲しい。血生臭い怪しい展開が続くも基本ベースがラブコメでなんだかんだ吉乃と霧島(翔真)がイチャイチャしてる所が好きな作品。続きも楽しみです。

2021/05/31

感想・レビューをもっと見る