読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

偽神の審判 警視庁公安分析班 (講談社ノベルス)

偽神の審判 警視庁公安分析班 (講談社ノベルス)

偽神の審判 警視庁公安分析班 (講談社ノベルス)

作家
麻見和史
出版社
講談社
発売日
2021-05-12
ISBN
9784065234013
amazonで購入する Kindle版を購入する

偽神の審判 警視庁公安分析班 (講談社ノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まこみん

公安に入った鷹野が主人公の第2巻。捜査協力者(エス)の確保等、刑事時代とは異なった方法に戸惑いながらも任務を遂行する鷹野だが、殺害方法が今迄とは違う次の被害者が。主犯「葬儀屋」は誰なのか。ドキドキしながら読み進むとラストより90ページ程前で犯人が判ってしまって、この後どうなるのかと思ったら… 佐久間班は公安の中でも寄せ集めのチームの設定。彼らの(特に沙也香)過去も少しずつ明かされ読者の私も馴染んできた。でも刑事塔子とのコラボはないのかな。

2021/07/17

shi-

前作からの解決編と言ったところ。そしてついに鷹野さんの相棒だった沢木さんの死の真祖が…。十一係からの謎が一つ解ける。 今回は事件解決と共に公安での鷹野さんらしさがみんなに認められつつ、佐久間チームが絆を深めたような…。氷室さん、冷血な人じゃなくて良かった。 エスの存在とエスとの関係でかろうじて公安っぽかったけど、事件と解決編に至っては良いのか、悪いのか十一係を彷彿させる。

2021/05/25

tow

公安ものとして、まだ甘いかなと思ってしまうが、前巻より読みごたえがあった一冊。だって刑事寄りになってるんだもん。

2021/05/18

りもこ

新刊。巻頭の登場人物紹介が前巻と同じ人ばっかり??まさか間違えて前巻また買っちゃった??タイトルも似てるし…と一瞬焦るが、読み始めてから前巻の内容を思い出して一安心。殺人分析班のように各巻で新しい事件を追うのではなくて続きなのね。事件そのものよりも背景を追う中、チームのメンバーが一つにまとまっていく感じが良い。氷室さんの見てたアニメってもしかしてセーラームーンかな?などと想像したり。さて次はどうなるのか、続編とWOWOWのドラマが楽しみ。

2021/05/16

フランク

☆2.5

2021/07/31

感想・レビューをもっと見る