読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アルスラーン戦記(15) (講談社コミックス)

アルスラーン戦記(15) (講談社コミックス)

アルスラーン戦記(15) (講談社コミックス)

作家
荒川弘
田中芳樹
出版社
講談社
発売日
2021-06-09
ISBN
9784065234273
amazonで購入する Kindle版を購入する

アルスラーン戦記(15) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くりり

アンドラゴラス王の帰還、事実上の追放となったアルスラーンは仲間と共に兵集め海賊と...この辺りまで記憶にあるが原作がこの後どうなったのか覚えてない😓

2021/09/04

wata

アンドラゴラス王、帰還するやアルスラーンをポイッと放り出すとは。臣下達も大変だけど合流出来て良かったぁ(*^^*)ヒルメスにも秘めた想いがあった!

2021/07/25

るぴん

レンタル。征馬孤影。ルシタニア軍から逃れた父王アンドラゴラスにより、事実上追放されたアルスラーン。共を連れることも許されず、たった1人での道のりはどれだけ不安だっただろう。そして絶望から歓喜へ。いい仲間達だなぁ。ヒルメスとイリーナ内親王の思い出にほっこり。ヒルメスも根は悪い人間ではないんだよね…。

2021/08/26

ぐうぐう

ヒルメスの若きロマンスから始まる第15巻は、アンドラゴラスとアルスラーンの父子対面へと展開する。その対峙は波乱含みであり、大きな分断を導いていく。「ヒルメス王子だけではないぞ パルス人とルシタニア人… ルシタニア人同士… 対立する者の血を多量に欲することになろう… ふふ…見よ 地上はいくつもの「正義」で溢れておるわ 愚かしい人間共はもはや「正義」の軛から逃れることはできぬ」正義ほどタチの悪いものはない。アルスラーンは、その正義の軛から逃れることができるのか。

2021/08/28

洪七公

ギランの町へ

2021/06/15

感想・レビューをもっと見る