読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ネメシス4 (講談社タイガ)

ネメシス4 (講談社タイガ)

ネメシス4 (講談社タイガ)

作家
降田天
出版社
講談社
発売日
2021-05-14
ISBN
9784065234860
amazonで購入する Kindle版を購入する

ネメシス4 (講談社タイガ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

麦ちゃんの下僕

ドラマ版第5話の原作である「父が愛した怪物」と、スピンオフ「探偵Kを追え!」の2話収録。降田天さん(←共同ペンネームだったとは!)は初読み。「父が愛した~」は、天狗伝説が残る地で鮭養殖場を営む父親が溺死した天久家に、風真が単独で潜入調査する話…ですが、まぁなんというか…全編すべりまくりのユーモアミステリーというか…とにかく風真の“迷推理”が痛すぎます(苦笑) 一方、皆さんも書かれている通り、今回もスピンオフの方がはるかに面白かったですね!ツッコミどころはあるものの、テンポの良さと意外な展開が魅力的でした!

2021/06/06

雪紫

読んでる途中の叫び「めっちゃ話変わっとるがな(イメージCVドラマ版大垣千明)」近くにいた姉「いいじゃん楽しめて」。まあ、確かに。いつもと違い書籍発売前にドラマ放映ケースの天狗サーモン殺人事件。まさかの三兄弟以外容疑者総取り替えだよ! これはこれで違いを楽しめて面白いけど。前も思ったけど、小説オリジナルはhullでやらないのが不思議。・・・まさかのどシリアスですわ。

2021/05/15

さっちゃん

四冊目はドラマ第五話と小説オリジナルが一編。今回は小説オリジナル作品のほうがちゃんとミステリしていて面白かった。ドラマとは違いがあるので視聴済みでも楽しめるけれど、やはりドラマ前に読みたかったなぁ。発売日が放送日より後なのは、ちょっとう~んという感じで残念。でも、アンナの父にまつわる謎が少しずつ真相に近づいてきて、今後の展開がますます楽しみになったきた。

2021/05/16

うまる

企画物第4弾。降田さんてコミカル系もいけるんですね! ドラマ第五話提供の方は、ポンコツ探偵がメインという事でバカミス色が強くて面白かったです。天狗担て(笑) スピンオフの方は、シリアスな背景の話に、江口洋介&櫻井翔ネタを入れる遊び心がとても良い。大筋のアンナ関連に通じる話だし、視覚的にも悪くないと思うので、なんでドラマでやらないのかが謎です。 まだまだ続く連動企画は楽しいんだけど、この5月発売分からドラマの方が先行してしまった事が残念。

2021/05/25

Kanonlicht

ここまで読んできて、どの作家もドラマの脚本協力で書いた1話目よりも、2話目のスピンオフのほうが個性が出ていて良作なのが興味深い。設定などに余計な気をつかう必要がないからだろうか。2話目は自由に書いていいからという条件で各作家がこの仕事を引き受けたんじゃないかと邪推してしまう。

2021/05/19

感想・レビューをもっと見る