読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ネメシス4 (講談社タイガ)

ネメシス4 (講談社タイガ)

ネメシス4 (講談社タイガ)

作家
降田天
出版社
講談社
発売日
2021-05-14
ISBN
9784065234860
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ネメシス4 (講談社タイガ)」の関連記事

【最新話レポ】またもや特濃キャラが登場! 加藤諒演じる料理人・リュウが見せた驚きの身体能力/ドラマ『ネメシス』第5話

『ネメシス』4巻(著:降田天/講談社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年5月9日(日)に放送されたドラマ『ネメシス』第5話。新たに登場した料理人・リュウ楊一(加藤諒)が個性的なキャラを発揮し、「このドラマどんだけ変わり種を投入してくるんだwww」「個性が強い!」と視聴者を楽しませたようだ。

 リュウは「探偵事務所ネメシス」の天才助手・美神アンナ(広瀬すず)が偏愛する、謎の料理店「Dr.ハオツー」の店長兼コック。今回事務所に依頼を持ちこんできた人物でもあり、世話になっていた天久潮(渡辺哲)の転落死について真相を調べてほしいという。  当初暗い表情を浮かべていたリュウだが、潮が営んでいた“天狗サーモン”の養殖場では驚きの身体能力を披露。天久三魚(堀家一希)のガールフレンドがいけすに転落しかけた際、アンナも目を見開くほどの身のこなしでその体を支えたのだ。  リュウの活躍はそれだけにとどまらない。探偵の風真尚希(櫻井翔)と探偵事務所社長・栗田一秋(江口洋介)を踏み台にして建物2階の窓に飛び移り、のちに重要な役割を…

2021/5/13

全文を読む

関連記事をもっと見る

ネメシス4 (講談社タイガ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

麦ちゃんの下僕

ドラマ版第5話の原作である「父が愛した怪物」と、スピンオフ「探偵Kを追え!」の2話収録。降田天さん(←共同ペンネームだったとは!)は初読み。「父が愛した~」は、天狗伝説が残る地で鮭養殖場を営む父親が溺死した天久家に、風真が単独で潜入調査する話…ですが、まぁなんというか…全編すべりまくりのユーモアミステリーというか…とにかく風真の“迷推理”が痛すぎます(苦笑) 一方、皆さんも書かれている通り、今回もスピンオフの方がはるかに面白かったですね!ツッコミどころはあるものの、テンポの良さと意外な展開が魅力的でした!

2021/06/06

雪紫

読んでる途中の叫び「めっちゃ話変わっとるがな(イメージCVドラマ版大垣千明)」近くにいた姉「いいじゃん楽しめて」。まあ、確かに。いつもと違い書籍発売前にドラマ放映ケースの天狗サーモン殺人事件。まさかの三兄弟以外容疑者総取り替えだよ! これはこれで違いを楽しめて面白いけど。前も思ったけど、小説オリジナルはhullでやらないのが不思議。・・・まさかのどシリアスですわ。

2021/05/15

さっちゃん

四冊目はドラマ第五話と小説オリジナルが一編。今回は小説オリジナル作品のほうがちゃんとミステリしていて面白かった。ドラマとは違いがあるので視聴済みでも楽しめるけれど、やはりドラマ前に読みたかったなぁ。発売日が放送日より後なのは、ちょっとう~んという感じで残念。でも、アンナの父にまつわる謎が少しずつ真相に近づいてきて、今後の展開がますます楽しみになったきた。

2021/05/16

キナコ

やっと続編を読了。三巻までのやりとりよりも、ややシリアスな感じですね。風間と栗田が依頼を受ける基準とする、アンナの父に関して少しずつ情報が出てきた感じです。また、ドラマというとこもあってか、前作のキャラクターも少なからず登場してくるのは楽しいかと。後半に向けて一気に物語が展開しそうな予感です。

2022/01/09

うまる

企画物第4弾。降田さんてコミカル系もいけるんですね! ドラマ第五話提供の方は、ポンコツ探偵がメインという事でバカミス色が強くて面白かったです。天狗担て(笑) スピンオフの方は、シリアスな背景の話に、江口洋介&櫻井翔ネタを入れる遊び心がとても良い。大筋のアンナ関連に通じる話だし、視覚的にも悪くないと思うので、なんでドラマでやらないのかが謎です。 まだまだ続く連動企画は楽しいんだけど、この5月発売分からドラマの方が先行してしまった事が残念。

2021/05/25

感想・レビューをもっと見る