読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦隊大失格(2) (講談社コミックス)

戦隊大失格(2) (講談社コミックス)

戦隊大失格(2) (講談社コミックス)

作家
春場ねぎ
出版社
講談社
発売日
2021-06-17
ISBN
9784065235751
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦隊大失格(2) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

トラシショウ。

「俺が先に大戦隊を潰す」「そうはさせません。僕が先に大戦隊を正します」。レッドキーパーの神具による攻撃で消滅したかに見えた戦闘員D。しかし戦隊に思う所のあるその下部構成員桜間の計らいで辛うじて生き残る。一方、Dを消した際に神具を紛失した事から、レッドキーパー=赤刎創星の命により張られた強奪犯の捜査網がDと桜間に迫りつつあり・・・。なるほど、二巻までがこの不可解な関係の誕生編なのか。しかしとっつきのよろしくない(あと若干頭のおかしい)キャラ多数でなかなか話が頭に入って来ないなぁ(笑)(以下コメ欄に余談)。

2021/07/22

ケー

五等分から読んでるけどこんな読み味変えてくるとは思わなかったよなぁ。普通におもしろい!

2021/06/19

へい(黒)

暴走する正義の話かと思っていたけれどハリボテの正義の話だった。戦闘員Dの方がせいぜい小悪党で正義の味方が大悪党で一体どうしたことやとなった。キャラクターは個性的なキャラが多いのだけれどこの巻でキャラクターが一気に増えたからこの巻を何回か読んだ上で9月発売の3巻に備えておかないと3巻を読むにあたってこいつ誰だと読み直す必要がある。五等分の花嫁でやったからというのもあるかもしれないけれど春場先生は伏線を張るのが上手だからこそ一気読みした方が気持ちよく読むことができる漫画家さんだなと思った。3巻が楽しみである。

2021/06/23

毎日が日曜日

★★★

2021/06/20

ましたひ

想像していたよりも混沌とした展開に。そして、戦闘シーンよりも会話劇中心で、嫌いじゃないけど疲れた。

2021/07/22

感想・レビューをもっと見る