読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヴィンランド・サガ(25) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(25) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(25) (アフタヌーンKC)

作家
幸村誠
出版社
講談社
発売日
2021-07-21
ISBN
9784065236055
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヴィンランド・サガ(25) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムッネニーク

65冊目『ヴィンランド・サガ 25』(幸村誠 著、2021年7月、講談社) 遂にヴィンランドへの航海が始まる。連載当初は本当にここまで来られるのか心配だったが、杞憂に終わって一安心。 まるで最終巻のような表紙だが、まだ終わらない。次巻からまた物語が大きく動き出しそうな予感。 「うん とてもやさしい人だった」

2021/07/27

こら

ヴィンランドに到達したトルフィン一行。気付けば、トルフィンの面立ちが澄んだ優しいものになっている。生死を見詰め続けてきた者の眼。そして、先住民との邂逅が遂に始まる。物語も佳境です。史実を知っている読者に、これからどんな展開を見せてくれるのか、不安でもあり、期待でもある。

2021/07/27

眠る山猫屋

とうとうヴィンランドへの航路が。長いようで短い旅だったなぁ。冒頭のレイフおっちゃんとの惜別、一瞬おっちゃんだと気づかなかった。時の流れは無情、だがヒルドの心を融かしつつあるのも赤ちゃんだった彼の成長。時は流れている。トルフィンの父たちの幻影にはちょっとウルッときた。後半はヴィンランド(というか、後のプリンスエドワード島!)でのネイティブさんたちとの交流の始まり。忘れがちだけど、トルフィンたちは自由な農地を求める開拓者だった。現住者たちとの軋轢は必至。さてさて・・・。

2021/07/23

こも 零細企業営業

遂に上陸!入江があって真水があって、森があって、平野がある所。そして誰の土地でも無いところ。レイフは老齢で来れないか、、多くの人が一緒に来て森を開拓している。そして、、、先住民達と仲良くなれるのだろうか?お互いに血の気の多い奴が居るからな、、

2021/07/22

ルシュエス

178話の表紙いいですね。北欧神話が散りばめられたミッドガルド図で。 拠点を作りつつヴィンランドを目指すトルフィン。現地のニカマクとは上手く接触できるのか…。イーヴァル達火種がどの辺でトラブル起こすのかが怖いな。 ヒルドとカルリが仲良くてほっこりする。ヒルドの負の感情が、トルフィンの家族に向かない正しさ・強さがすごいよね。

2021/07/24

感想・レビューをもっと見る