読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヴィンランド・サガ(25) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(25) (アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(25) (アフタヌーンKC)

作家
幸村誠
出版社
講談社
発売日
2021-07-21
ISBN
9784065236055
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヴィンランド・サガ(25) (アフタヌーンKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムッネニーク

65冊目『ヴィンランド・サガ 25』(幸村誠 著、2021年7月、講談社) 遂にヴィンランドへの航海が始まる。連載当初は本当にここまで来られるのか心配だったが、杞憂に終わって一安心。 まるで最終巻のような表紙だが、まだ終わらない。次巻からまた物語が大きく動き出しそうな予感。 「うん とてもやさしい人だった」

2021/07/27

眠る山猫屋

とうとうヴィンランドへの航路が。長いようで短い旅だったなぁ。冒頭のレイフおっちゃんとの惜別、一瞬おっちゃんだと気づかなかった。時の流れは無情、だがヒルドの心を融かしつつあるのも赤ちゃんだった彼の成長。時は流れている。トルフィンの父たちの幻影にはちょっとウルッときた。後半はヴィンランド(というか、後のプリンスエドワード島!)でのネイティブさんたちとの交流の始まり。忘れがちだけど、トルフィンたちは自由な農地を求める開拓者だった。現住者たちとの軋轢は必至。さてさて・・・。

2021/07/23

Die-Go

血潮飛び散るバイキングの時代に、平和の地ヴインランドを目指す、トルフィン一行。今回は平和な感じだったが、終盤に不穏な空気が流れる。★★★★☆

2021/08/05

こら

ヴィンランドに到達したトルフィン一行。気付けば、トルフィンの面立ちが澄んだ優しいものになっている。生死を見詰め続けてきた者の眼。そして、先住民との邂逅が遂に始まる。物語も佳境です。史実を知っている読者に、これからどんな展開を見せてくれるのか、不安でもあり、期待でもある。

2021/07/27

ぐうぐう

「ここではないどこかへ」ついにトルフィン一行は、ヴィンランドに到着する。だがそれは、ゴールではなく、始まりに過ぎない。戦争も奴隷もない世界、その土地が見つかっただけなのだ。「「戦争が好き」っていうのは……男にかけられた呪いみたいなもんだな……心にくすぶってなかなか消えない呪いの埋み火だ」理想郷の実現には、まず内なる心の改革が必要なのだ。そしてその改革は鏡となり、先住民の心を映すはずだ。

2021/11/21

感想・レビューをもっと見る